囲碁の手法 上 接触戦の手法

囲碁の手法 上 接触戦の手法

書籍定価1,500円(税別)

発売日
2018年3月 5日
著者
桑本晋平

B6判/ 256頁

囲碁の手法 上 接触戦の手法

 本書上下巻は、囲碁の打ち方を「石と石が接したとき」、「石と石に距離があるとき」で分類し、まとめたものです。初中級者対象。著者は、桑本晋平七段。
 桑本七段は、前者を「接触戦の手法」、後者を「遠距離戦の手法」と称しました。
 上巻は、接触戦。構成は以下の通りとなっています。
 序章=接触戦とは、第1章=接触戦の基本手法(ツケ、ハネ、ノビなど)、第2章=その他の手法(ワリ込み、アテ込み、ブツカリなど)、第3章=石取り関連の手法(アタリ、逃げ、抜きなど)、第4章=基本手法の応用編(二段バネ、ハネ出し、ハサミツケなど)。
 基本的な手法、実戦によく出てくる手法を収め、解説しています。

2018年2月 日本棋院