2022囲碁年鑑

2022囲碁年鑑

書籍定価3,850円(税込)

発売日
2022年5月18日

B5判/ 396頁

2022囲碁年鑑月刊碁ワールド臨時増刊号

 『囲碁年鑑』は碁界の一年間を収録したもので、以下の構成になっています。
 第1部「国内プロ棋戦」、第2部「国際棋戦」、第3部「アマ棋戦」、第4部「碁界記録集」、第5部「棋士名鑑」、第6部「日本棋院支部一覧・他」。
 前半は、主要対局が掲載されています。国内各棋戦の挑戦手合もしくは決勝戦、七大棋戦のリーグ戦もしくは本戦、世界戦の決勝戦、アマ棋戦の決勝戦。その数は約300局に上ります。
 後半は、情報ページ。第4部は、日本棋院所属棋士の年間成績、年間勝数・勝率ランキング、棋士ごとの通算タイトル獲得数など知りたい記録が分かります。第5部は、日本・中国・韓国・台湾プロ棋士の棋歴を紹介。第6部は、日本棋院の支部と指導員について分かります。
 なお、タイトルは2022となっていますが、内容は2021年度をまとめたものです。
 電子書籍はアマゾンキンドル版で上・下巻に分かれて発売。上巻は¥2,600、下巻は¥1,250(kindleunlimited)