NECカップ

第31期NECカップ囲碁トーナメント戦

棋戦名称 NECカップ囲碁トーナメント戦 (第31期で終了)
主催 日本電気株式会社(英文:NEC Corporation)
後援
特別協賛
協賛 日本棋院
特別協力
協力
優勝賞金 1000万円
挑戦手合・決勝 決勝一番勝負
棋戦形式 14名による選抜トーナメント戦
持ち時間 10分
秒読み 使い切った後、1手30秒
コミ 6目半
出場資格 前期優勝者、タイトルホルダー、
NHK杯優勝者、日本棋院賞金ランキング上位
残留・シード規定
創設年 1981年

※ タイトル、段位は抽選時のものです

本戦

・ 全互先 先番6目半コミ出し
・ 持時間 各10分、その後一手30秒
※ 抽選日 : 2011年6月14日

高尾紳路九段が初優勝!

 張  栩NEC杯 張栩
8/25
高尾
2/4
高尾
3/17
 王  立誠九段 王立
7/28
 山田規三生NHK杯
 溝上 知親八段 溝上
8/4
高尾
9/8
 山城 宏九段
 高尾 紳路九段 高尾
7/11
 結城 聡天元
 山下 道吾本因坊 山下
8/18
二十五世
9/26
二十五世
2/4
 王 銘エン九段
 二十五世本因坊治勲 二十五世
7/14
 坂井 秀至碁聖
 小県 真樹九段 小県
8/1
井山
9/26
 羽根 直樹九段
 井山 裕太名人

第30期NECカップ囲碁トーナメント戦

棋戦名称 NECカップ囲碁トーナメント戦 (第31期で終了)
主催 日本電気株式会社(英文:NEC Corporation)
後援
特別協賛
協賛 日本棋院
特別協力
協力
優勝賞金 1000万円
挑戦手合・決勝 決勝一番勝負
棋戦形式 14名による選抜トーナメント戦
持ち時間 10分
秒読み 使い切った後、1手30秒
コミ 6目半
出場資格 前期優勝者、タイトルホルダー、
NHK杯優勝者、日本棋院賞金ランキング上位
残留・シード規定
創設年 1981年

※ タイトル、段位は抽選時のものです

本戦

・ 全互先 先番6目半コミ出し
・ 持時間 各10分、その後一手30秒

張栩棋聖が優勝! ☆4年ぶり3回目

 河野 臨NEC杯 河野臨
9/6
張栩
2/5
張栩
3/5
 蘇 耀国八段
7/12
 二十五世本因坊治勲
 王  立誠九段 張栩
6/3
張栩
8/12
 張  栩棋聖
 高尾 紳路九段 羽根
7/19
 羽根 直樹九段
 井山 裕太名人 井山
6/21
王銘
8/19
山下
2/5
 山田規三生九段
 王 銘エン九段 王銘
7/8
 依田 紀基九段
 小林  覚九段 結城
7/22
山下
9/2
 結城 聡NHK杯
 山下 敬吾本因坊

第29期NECカップ囲碁トーナメント戦

棋戦名称 NECカップ囲碁トーナメント戦 (第31期で終了)
主催 日本電気株式会社(英文:NEC Corporation)
後援
特別協賛
協賛 日本棋院
特別協力
協力
優勝賞金 1000万円
挑戦手合・決勝 決勝一番勝負
棋戦形式 14名による選抜トーナメント戦
持ち時間 10分
秒読み 使い切った後、1手30秒
コミ 6目半
出場資格 前期優勝者、タイトルホルダー、
NHK杯優勝者、日本棋院賞金ランキング上位
残留・シード規定
創設年 1981年

※ タイトル、段位は抽選時のものです

本戦

・ 全互先 先番6目半コミ出し
・ 持時間 各10分、その後一手30秒

河野臨九段が優勝! ☆2年ぶり2回目

 羽根直樹NEC杯 羽根直
8/29
羽根直
2/13
河野臨
3/6
 張  栩名人 張栩
6/18
 依田 紀基九段
 高尾 紳路九段 結城
7/3
黄翊
11/14
 結城 聡NHK杯
 黄 翊祖七段 黄翊
6/4
 山田規三生九段
 河野 臨九段 河野臨
6/15
河野臨
8/29
河野臨
2/13
 井山 裕太八段
 片岡  聡九段 片岡
6/17
 王 銘エン九段
 二十五世本因坊治勲 小林覚
6/15
山下
11/14
 小林 覚九段
 山下 敬吾棋聖

第22期NECカップ囲碁トーナメント戦

棋戦名称 NECカップ囲碁トーナメント戦 (第31期で終了)
主催 日本電気株式会社(英文:NEC Corporation)
後援
特別協賛
協賛 日本棋院
特別協力
協力
優勝賞金 1000万円
挑戦手合・決勝 決勝一番勝負
棋戦形式 14名による選抜トーナメント戦
持ち時間 10分
秒読み 使い切った後、1手30秒
コミ 6目半
出場資格 前期優勝者、タイトルホルダー、
NHK杯優勝者、日本棋院賞金ランキング上位
残留・シード規定
創設年 1981年

※ タイトル、段位は抽選時のものです

本戦

一、全互先 先番五目半コミ出し
一、持時間 各十分。その後一手三十秒
※ 抽選日 : 2002年2月14日
※ 対局期間 : 2002年4月26日~2003年3月8日

柳時熏七段が優勝!

 小林 光一碁聖 趙治
6/24
張栩
9/21
盛岡
高尾
2/1
岡山

3/8
東京
 趙  治勲王座
 加藤 正夫九段 張栩
4/26
 張   栩七段
 王 立誠棋聖 高尾
6/10
高尾
11/9
大分
 高尾紳路俊英杯者
 趙  善津九段 山下
7/15
 山下 敬吾七段
 山田規三生八段 山田規
5/27
山田規
11/30
名古屋

2/22
大阪
 依田 紀基名人
 三村 智保九段 三村
7/8
 小松 英樹九段
 羽根 直樹天元
6/17

10/19
甲府
 柳  時熏七段
 林  海峯九段 林海
8/23
 王 銘エン本因坊