序盤、中盤の基本法則

序盤、中盤の基本法則

書籍定価1,600円(税別)

発売日
2019年3月 2日
著者
大森泰志

B6判/ 256頁

この局面はこう考える 序盤、中盤の基本法則

 本書は、序盤、中盤における基本の考え方を学ぶ一冊です。著者は、大森泰志八段。上級者、有段者対象。
 基本の考え方は、60の局面図を元に、辺の価値の法則、模様の作り方の法則、攻めの法則、シノギの法則など大きく11に分類され、さらに具体的に整理されています。例えば、辺の価値の法則の場合、広い所から打ち進める、自分の大事な場所を優先などのテーマがあります。
 身につけ方は実戦形式。各局面図に示された大きな法則と具体的なテーマから、その局面の次の着手を考えてみます。正解は一つとは限りません。
 なお、本書は『囲碁未来』で2016年10月号から2019年3月号まで30回にわたって連載した講座「大森式実戦に強くなる基本法則」を編纂したものです。

2019年2月 日本棋院