私と井山、師弟の歩み

私と井山、師弟の歩み

書籍定価1,300円(税別)

発売日
2020年11月13日
著者
石井 邦生

B6判/ 224頁

名伯楽が振り返る 私と井山、師弟の歩み

 井山裕太の師匠、石井邦生九段が師弟の歩みを振り返りました。
 二人の最初の出会いは、テレビ番組の収録現場だったとのこと。「ミニ碁一番勝負」という番組に、少年・井山が出場。解説を担当していた石井は、裕太くんのリズムよく打つ姿に「囲碁の申し子だと思った」といいます。
 師弟関係が結ばれると、石井は裕太くんの天賦の才を最大に伸ばすべく、様々な工夫をこらすことになりました。
 裕太くんが院生になって始めたお手紙交換もその一つ。裕太くんが対局の棋譜をとり、質問を添えて郵送、石井が解説をして返信。当時のやりとりを再現します。
 なお、「井山の師匠である前に一人の棋士」と石井、本書は棋士・石井も振り返っています。

2020年11月 日本棋院