素人と玄人

素人と玄人

書籍定価1,200円(税別)

発売日
2013年8月29日
著者
影山利郎

B6判/ 280頁

e 碁1,000円(税込)

i 碁1,080円(税込)

発売日 2015年1月24日

280頁

素人と玄人(アマとプロ) 日本棋院アーカイブ3

『素人と玄人』は昭和45年に発行され、棋書ベストセラーに輝いた伝説の書。日本棋院アーカイブシリーズの第三弾として、加筆修正を加え復活した。
 著者の故影山利郎七段は、素人時代が長く、プロ転向後もアマチュア指導に尽力したため、「最もアマの気持ちが分かるプロ」と評判の棋士だった。
 素人の目線に立ちながら、アマが陥りやすい失敗などを解説。それは、アマの心理を完璧に代弁したものだった。また、同時に、プロの見方を分かりやすく解説。両者の違いを徹底分析した。
 同じ局面でも、素人と玄人の見える世界はこれだけ違うのか……。読者は、驚きの連続だったことだろう。また、独特の影山節が実に楽しい。
 年号が変わってもアマの悩みは変わらない。平成の愛棋家たちにも、ぜひ読んでもらいたい一冊である。

2013年8月 日本棋院

※ この本は解説書です。