井山が3連勝!【第42期棋聖戦挑戦手合七番勝負第3局】

井山裕太棋聖一力遼八段が挑戦する第42期棋聖戦挑戦手合七番勝負【主催:読売新聞社】の第3局が1月31日、2月1日(水、木)に長崎県西海市の「オリーブベイホテル」で行われた。

結果は238手まで白番の井山が中押し勝ちをおさめ、開幕から3連勝、タイトル防衛まであと1勝とした。終局は19時26分、持時間8時間のうち残り時間は黒番の一力が5分、白番の井山が2分だった。

両対局者のコメント

井山棋聖「82手目のハネダシは無理気味だったか。ずっと難しくてわからなかった。右の白の頭を出しても自信は無かった。コウが終わったあたりでようやく行けるかなと思った。次局もあまり結果を恐れずに打ちたい」

一力八段「封じ手のあたりは実戦よりいい打ち方があったかもしれない。122手目抑えられたあたりはだめだと思っていた。 左上コウになって難しくなったが、161の手ではわかりやすくしてしまった。もっと難しい変化があったように思う。 次局まで一週間あるので、調整して臨みたい」

第4局は2月15、16日(木、金)に岩手県大船渡市の「大船渡市民文化会館」で行われる。

対局の詳細については読売新聞の報道と観戦記、週刊碁月刊碁ワールドの記事にてお楽しみください。

井山が3連勝。棋聖6連覇、七冠維持まであと1勝とした
あとがなくなった一力。次局踏みとどまれるか
またもや激戦となった本対局。検討では様々な変化が並べられては崩される
対局室の様子とあわせて大盤解説を楽しむ
「幽玄の間」解説は、現地検討室から大橋成哉七段(右)が担当

第42期棋聖戦第3局終局図

黒:一力遼八段 白:井山裕太棋聖

(幽玄の間解説:大橋成哉七段

現地陣営

立会
石田篤司九段
新聞解説
村川大介八段
記録
小松大樹二段鳥井裕太二段
現地大盤解説
解説・中野泰宏九段 聞き手・多冨佳絵三段

特設サイト、関連リンク

棋聖戦七番勝負は日本棋院ネット対局「幽玄の間」でライブ中継いたします。
また、囲碁・将棋チャンネル(対局2日目の朝と夕方)、囲碁プレミアムニコニコ生放送でも生中継いたします。
第42期棋聖戦挑戦手合七番勝負特設ページはこちら
ネット対局「幽玄の間」では封じ手予想クイズを実施します。 たくさんのご応募お待ちしております!

関連記事