矢代が挑戦者に!【第30期女流名人戦挑戦者決定戦】

藤沢里菜女流名人への挑戦権を争う第30期女流名人戦【主催:産経新聞社】の挑戦者決定戦が2月1日(木)に東京都千代田区の「日本棋院東京本院」で行われた。

結果は矢代久美子六段井澤秋乃四段に200手まで白番中押し勝ちをおさめ挑戦権を獲得した。矢代は初の女流名人挑戦手合出場となる。

藤沢女流名人との三番勝負は2月28日(水)に京都府京都市の「平安女学院大学」で開幕する。

矢代六段のコメント

「見た目の地合は良いが、黒も厚いので、最後までしっかりヨセようと思って打っていた。下辺でセキのようになったが、外側の黒の味が悪く、急に良くなったと思った。
一局一局自分でもしっかり打てたのが良かった。強い女流棋士が多くいる中で、挑戦者になれて嬉しい。
藤沢女流名人は強くて中々当たることもないが、めったにないチャンスなので、しっかり打ちたい」

女流名人挑戦を決めた矢代
井澤(左)の挑戦手合初出場はならなかった

【女流名人戦挑戦者決定戦終局の場面】

黒:井澤秋乃四段  白:矢代久美子六段

日本棋院ネット対局「幽玄の間」では女流名人戦挑戦者決定戦の模様を棋譜中継いたしました。