第3局始まる【第44期名人戦挑戦手合七番勝負第3局】

 張栩名人芝野虎丸八段が挑戦する第44期名人戦挑戦手合七番勝負(朝日新聞社主催)の第3局が9月17日(火)9時に岐阜県岐阜市の「岐阜グランドホテル」で始まった。

 持ち時間は各8時間、10分前から1分の秒読みとなる。1勝1敗勝で迎えた第3局。勝ち越すのどちらか、ぜひご注目ください。

 詳細は、主催の朝日新聞社の報道と観戦記、週刊碁月刊碁ワールドの記事にてお楽しみください。
また『幽玄の間』では中野寛也九段の解説で棋譜ライブ中継を、日本棋院囲碁チャンネルでは映像ライブ配信(1日目2日目)を行っています。併せてご覧ください。

両対局者の前夜祭でのコメント

張栩名人「1、2局目と1勝1敗ですが、反省すべきところがたくさんあって、まだまだ満足のいくような内容ではないと自分では思っています。明日から2日間、いい内容の碁を見せられるよう頑張りたいと思います。」

芝野挑戦者「名人戦も3局目ということで、そろそろ慣れてきたのではないかと言われることが多いのですが、3局目ともなると新しい挨拶が思いつかず困りました。今回、岐阜には初めて来させて頂いたのですが、対局以外の時間がそんなに取れないようなので、明日からの対局でいい内容の碁を見せて、好感度を上げてからまた来たいと思います。」



張栩(左)が初手を静かに打ちおろす

対局室からの眺望。枯山水の庭園に、長良川、金華山、山頂に岐阜城。

左から、名古屋鉄道株式会社代表取締役社長安藤隆司様、芝野虎丸八段、張栩名人、朝日新聞社執行役員名古屋本社代表竹内圭介様

名人戦挑戦手合七番勝負は、日本棋院ネット対局「幽玄の間」でライブ中継いたします。

現地陣営

立会
羽根泰正九段
記録
高橋真澄三段武田祥典二段
新聞解説
伊田篤史八段
現地大盤解説
解説:下島陽平八段 聞き手:万波奈穂四段

関連記事