鈴木伸二、孫喆、六浦雄太が名人戦リーグ入り! 【第44期名人戦最終予選決勝】

 第44期名人戦最終予選決勝(朝日新聞社主催)が11月8日に行われた。
 結果は鈴木伸二七段六浦雄太七段孫喆六段が勝ってリーグ入りを決めた。3人とも初のリーグ入り。孫は規定により9日付で七段昇段となる。
 張栩名人への挑戦権を争うリーグ戦は前名人の井山裕太棋聖、リーグ残留の芝野虎丸七段山下敬吾九段河野臨九段羽根直樹九段村川大介八段、予選勝ちあがりの鈴木・孫・六浦の9名により争われる。
 リーグ戦は2018年12月から2019年8月にかけて行われる予定。リーグ戦の模様は朝日新聞観戦記でご覧ください。
 日本棋院ネット対局「幽玄の間」では最終予選決勝の3局をライブ中継いたしました。

第44期名人戦最終予選勝ち上がり(カッコ内は名人リーグ出場回数)

鈴木 伸二七段
(初出場)
孫  喆七段
(初出場)
六浦 雄太七段
(初出場)

第44期名人戦リーグ出場者

棋士名出場回数名人
張栩名人 17期連続17回目 名人5期
井山裕太棋聖 12期連続12回目 名人6期
芝野虎丸七段 2期連続2回目
山下敬吾九段 9期連続15回目 名人2期
河野臨九段 8期連続8回目
羽根直樹九段 9期連続11回目
村川大介八段 7期連続7回目
鈴木伸二七段 初出場
孫  喆七段 初出場
六浦雄太七段 初出場