統合予選スタート【2018三星火災杯ワールド囲碁マスターズ】

 2018三星火災杯ワールド囲碁マスターズ統合予選が、7月2日から7日にかけて、韓国ソウル市の韓国棋院で開催。
 初日の2日には一般、シニア、女流枠あわせて日本選手が17名出場し、7勝10敗。7名が2回戦に進んだ。


7月2日の結果 ※左側が勝者

【一般】
呉柏毅四段 ― 厳動虔アマ(韓国)
本木克弥八段 ― 尹睿成初段(韓国)
柁嘉熹九段(中国) ― 辻篤仁二段
朴永訓九段(韓国) ― 小松大樹三段
趙漢乗九段(韓国) ― 坂井嵩司初段
内海晃希二段 ― 宣承旼初段(韓国)
范廷鈺九段(中国) ― 伊田篤史八段
広瀬優一二段 ― 金大容六段(韓国)
謝科五段(中国) ― 秋山次郎九段
【シニア】
金秀壮九段(韓国) ― 大矢浩一九段
朴勝文七段(韓国) ― 石田篤司九段
小松英樹九段 ― 鄭大相九段(韓国)
【女子】
李映周二段(韓国) ― 星合志保二段
呉侑珍六段(韓国) ― 茂呂有紗初段
藤沢里菜四段 ― 兪俐均二段(中華台北)
奥田あや三段 ― 楊子萱二段(中華台北)
金美里四段(韓国) ― 謝依旻六段

7月3日の組合せ

【一般】
佐田篤史三段 ― 陳劭全初段(中華台北)
大西竜平三段 ― 檀嘯七段(中国)
呉柏毅四段 ― 党毅飛九段(中国)
本木克弥八段 ― 朴鐘勲三段(韓国)
原正和二段 ― 文智煥初段(韓国)
佐藤優太二段 ― 羅玄九段(韓国)
横塚力三段 ― 韓尚勲八段(韓国)
村川大介八段 ― 李炯珍四段(韓国)
西健伸二段 ― 李元栄七段(韓国)
内海晃希二段 ― 李映九九段(韓国)
一力遼八段 ― 韓昇周五段(韓国)
【シニア】
中根直行九段 ― 車修権七段(韓国)
後藤俊午九段 ― 白成豪九段(韓国)
柳時熏九段 ― 金栄桓九段(韓国)
【女子】
上野愛咲美二段 ― 李多慧四段(韓国)

7月4日の組合せ

【一般】
六浦雄太七段 ― 王星昊初段(中国)
長徳徹志初段 ― 毛睿龍五段(中国)
沼舘沙輝哉六段 ― 韓一洲七段(韓国)
今分太郎初段 ― 李志賢七段(韓国)
志田達哉七段 ― 胡鈺函五段(中国)
広瀬優一二段 ― 尹松涛二段(中国)
安達利昌五段 ― 陳豪鑫三段(中国)

統合予選

  • 韓国専門棋士のなかで参加を希望する全員+参加を希望する海外専門棋士全員+アマチュア予選通過者12名+各大陸推薦及び選抜されたアマチュア12名のトーナメント。
  • 一般組(14組)、シニア組(2組)、女子組(2組)、ワールド組(12名1組)で編成。
  • シニア組は、1973年7月2日以前生まれた世界専門棋士のなかで、シニア組の参加申請を行った棋士で組抽選を行い、大会を進行させる。
  • ワールド組は、ヨーロッパ・アマチュア4名、アメリカ4名(北米3、南米3)、アジア3名(韓・中・日・台を除く)、アフリカ1名。