統合予選3日目【2018三星火災杯ワールド囲碁マスターズ】

 2018三星火災杯ワールド囲碁マスターズ統合予選が、7月2日から7日にかけて、韓国ソウル市の韓国棋院で開催。
 三日目の4日には一般枠で日本選手が7名出場し、1勝6敗となった。

7月4日の結果 ※左側が勝者

【一般】
王星昊初段(中国) ― 六浦雄太七段
毛睿龍五段(中国) ― 長徳徹志初段
韓一洲七段(韓国) ― 沼舘沙輝哉六段
李志賢七段(韓国) ― 今分太郎初段
胡鈺函五段(中国) ― 志田達哉七段
尹松涛二段(中国) ― 広瀬優一二段
安達利昌五段 ― 陳豪鑫三段(中国)

7月5日の組合せ

【一般】
原正和二段 ― 柳珉瀅六段(韓国)
安達利昌五段 ― 范蘊若六段(中国)
【シニア】
小松英樹九段 ― 白成豪九段(韓国)
柳時熏九段 ― 金東勉九段(韓国)
【女子】
藤沢里菜四段 ― 趙恵連九段(韓国)
上野愛咲美二段 ― 李小溪二段(中国)

統合予選

  • 韓国専門棋士のなかで参加を希望する全員+参加を希望する海外専門棋士全員+アマチュア予選通過者12名+各大陸推薦及び選抜されたアマチュア12名のトーナメント。
  • 一般組(14組)、シニア組(2組)、女子組(2組)、ワールド組(12名1組)で編成。
  • シニア組は、1973年7月2日以前生まれた世界専門棋士のなかで、シニア組の参加申請を行った棋士で組抽選を行い、大会を進行させる。
  • ワールド組は、ヨーロッパ・アマチュア4名、アメリカ4名(北米3、南米3)、アジア3名(韓・中・日・台を除く)、アフリカ1名。