謝が前進【第9回穹窿山兵聖杯世界女子囲碁選手権1回戦】

 女流棋士16名で争う第9回穹窿山兵聖杯世界女子囲碁選手権(中国蘇州市)の1回戦が10月31日に行われた。
 日本からは謝依旻六段藤沢里菜四段上野愛咲美二段が出場し、藤沢と上野は敗れたものの謝が中国の李赫五段を下し2回戦へ進んだ。
 謝は11月1日に行われる2回戦でオセアニア代表の黒嘉嘉七段と対戦する。


世界からトップ女流棋士16名が集合

謝(右)が日本勢唯一の勝ち上がり

藤沢は残念ながら初戦敗退

上野も1回戦で姿を消した
写真提供:囲棋天地

2回戦の組合せ 11月1日

  呉侑珍六段(韓国)   陸敏全五段(中国)
  崔精九段(韓国)   周泓余四段(中国)
  黒嘉嘉七段(オセアニア)   謝依旻六段(日本)
  呉政娥三段(韓国)   楊子萱二段(中華台北)

1回戦の結果 10月31日(△印は先番、左側が勝者)

  周泓余四段(中国 中押し 藤沢里菜四段(日本)
呉政娥三段(韓国) 中押し   上野愛咲美二段(日本)
陸敏全五段(中国) 中押し   殷明明初段(北米)
黒嘉嘉七段(オセアニア) 21目半   ナタリア・コヴァレバ アマ六段(欧洲)
呉侑珍六段(韓国) 中押し   王晨星五段(中国)
  楊子萱二段(中華台北) 中押し 高星四段(中国)
崔精九段(韓国) 中押し   於之瑩六段(中国)
謝依旻六段(日本) 4目半   李赫五段(中国)