個人戦は陳耀燁、ペア戦は王立誠・俞俐均ペアが優勝【第6回全羅南道国手山脈国際囲碁大会】

 韓国の国際囲碁大会、第6回全羅南道国手山脈国際囲碁大会(国手山脈杯、韓国全羅南道)は8月5日に決勝戦が行われた。
 16名によるトーナメント戦・世界プロ最強戦は中国の陳耀燁九段と廖元赫八段が対戦し、陳九段が初優勝した。
 ペア戦は決勝で中国の兪斌九段・高星四段と中華台北の王立誠九段・俞俐均二段が対戦し、王立誠九段・俞俐均二段ペアが優勝した。
 日本の山田規三生九段辻華初段ペアは3位決定戦で韓国の劉昌赫九段・許瑞玹初段に敗れ4位に終わった。

世界プロ最強戦の結果 ※左側が勝者

決勝 8月5日
陳耀燁九段 中押し △廖元赫八段

ペア戦の結果 ※左側が勝者

決勝戦 8月5日
 王立誠九段・俞俐均二段 時間切れ △兪斌九段・高星四段
3位決定戦 8月5日
△劉昌赫九段・許瑞玹初段 中押し 山田規三生九段・辻華初段

中国同士の決勝は陳耀燁(左)に軍配

ペア戦は王立誠九段・俞俐均二段ペアが優勝

山田規三生九段・辻華初段ペア(左)は4位だった

各国選手

世界プロ最強戦

日本
井山裕太九段村川大介九段山下敬吾九段
中国
陳耀燁九段 范廷鈺九段、廖元赫八段
韓国
金志錫九段、朴廷桓九段、李志賢九段、卞相壹九段、申眞諝九段、李東勲九段、申旻埈九段、李昌鎬九段(ワイルドカード)
中華台北
王元均九段、許皓鋐六段

男女ペア招待戦

日本
山田規三生九段辻華初段
中国
兪斌九段、高星四段
韓国
劉昌赫九段、許瑞玹初段
中華台北
王立誠九段、俞俐均二段