井山敗れる 謝爾豪(中国)が優勝【第22回LG杯朝鮮日報棋王戦決勝三番勝負第3局】

第22回LG杯朝鮮日報棋王戦(主催:朝鮮日報、主管:韓国棋院、協賛:LG、日本開催協賛:アーキテクツ・スタジオ・ジャパントピー実業、滝基金、協力:日本棋院、囲碁将棋チャンネル、特別後援:毎日新聞社)の決勝三番勝負第3局が2月8日(木)に東京都千代田区の「日本棋院東京本院」で行われた。

結果は226手までで謝が白番中押し勝ちをおさめ、対戦成績2勝1敗で優勝を決めた。19歳の謝はLG杯初優勝。

井山(右)の世界戦優勝は惜しくもならなかった。「謝さんはヨミも形勢判断も正確で世界チャンピオンにふさわしい。自分の碁を見つめ直して、またこういう舞台に戻ってきたい」
謝は世界戦初優勝
表彰式

第22回LG杯朝鮮日報棋王戦決勝三番勝負第3局 終局図

黒:井山裕太九段 白:謝爾豪五段(中国)

(幽玄の間解説:本木克弥八段

現地陣営

立会
王銘琬九段
記録
藤村洋輔三段大表拓都二段

第22回LG杯朝鮮日報棋王戦決勝三番勝負は日本棋院ネット対局「幽玄の間」でライブ中継いたしました。
また、囲碁・将棋チャンネル囲碁プレミアムでも生中継いたしました。