井山ベスト4!!!! 準決勝は柯潔と激突【第22回LG杯朝鮮日報棋王戦準々決勝】

 第22回LG杯朝鮮日報棋王戦(主催:朝鮮日報、主管:韓国棋院、協賛:LG)の準々決勝及び準決勝が順に11月13日(月)と15日(水)にて日本棋院東京本院で行われる。
 準々決勝には日本の井山裕太九段が勝ち進んでおり、LG杯初優勝を目指す。
 LG杯の日本での開催は2007年の第12回大会以来2回目。

 13日(水)の午前9時から対局開始になった。日本期待の井山裕太九段は中国の楊鼎新六段と対戦。井山の白番で始まった。対局結果は下表の通り、日本期待の井山が勝利しベスト4へ進出した。残りは中国3名、日本1名。
 15日に行われる準決勝は抽選の結果、井山は中国の柯潔九段と激突する。

 また、15日の準決勝は大盤解説会を以下の通り開催いたします。

 なお、この日本開催は株式会社囲碁将棋チャンネルの協力のもと行います。囲碁・将棋チャンネルでは生放送にて熱戦の模様を中継いたします。詳細はこちら

 LG杯朝鮮日報棋王戦は、ネット対局「幽玄の間」で中継いたします。準々決勝の日本戦解説は本木克弥八段でした。準決勝日本戦の解説・河野臨九段です。対局内容の詳報は週刊碁月刊碁ワールドの記事にてお楽しみください。



井山(右端)ベスト4! 準決勝は柯潔と対決。左から謝、江、柯、井山が健闘を誓い握手

局後、取材攻勢を受ける井山。心地よい疲労感?

インタビューを受ける柯潔。聞き手は日本の中島美絵子二段(右端)

局後、検討室に井山(右端)が加わった。勝っても最善手を究める気持ちは変わらない

東京本院で行われた解説会。趙治勲名誉名人の〝絶口調〟解説はノンストップだった

準々決勝対局結果

11月13日(月)――△印は先番。左側が勝者
 井山裕太九段(日本) 中 押 △楊 鼎新六段(中国)
 謝 爾豪五段(中国) 中 押 △崔 哲瀚九段(韓国)
 江 維傑九段(中国) 半 目 △李 元榮七段(韓国)
 柯  潔九段(中国) 中 押 △申 眞諝八段(韓国)

準決勝組み合せ

11月15日(水)
井山裕太九段(日本)― 柯  潔九段(中国)
江 維傑九段(中国)― 謝 爾豪五段(中国) 

現地陣営(13日)

立会
小林光一名誉棋聖
記録
大西研也三段小山空也三段横塚力二段小池芳弘二段

【東京本院】15日 準決勝 大盤解説会

日時
2017年11月15日(水)
開場:11時30分、開演:12時00分~終局まで
会場
日本棋院東京本院 2階大ホール
入場料
無料
解説
王  銘琬九段
聞き手
奥田 あや三段
※ 事前申込みは必要ありません。当日直接会場へお越し下さい。

関連記事