彦坂直人九段が通算1000勝達成!【日本棋院史上19人目】

彦坂直人九段が8月18日に愛知県名古屋市の日本棋院中部総本部で行われた第42期名人戦予選A岩丸平六段と対戦し黒番中押し勝ちをおさめました。

これで彦坂九段は日本棋院史上19人目の公式戦通算通算1000勝(544敗3持碁1無勝負)達成となりました。

・54歳5ヶ月での達成となり史上10位
(最年少記録は趙治勲名誉名人の43歳1ヶ月)
・入段から40年4ヶ月での達成となり史上10位
(最短記録は依田紀基九段の31年3ヶ月)
・達成時勝率 .648となり史上10位
(1000勝達成時勝率1位は小林光一名誉棋聖の.680)
となりました。

彦坂直人九段は昭和37(1962)年3月17日生。54歳。
愛知県名古屋市出身。49年馬場滋九段に入門。
昭和51年入段、平成4年九段。日本棋院中部総本部所属。

平成8年:第52期本因坊戦リーグ入り
平成10年:第36期十段戦加藤正夫十段を3-2で破り初の七大タイトル獲得
平成10年:第11回世界選手権富士通杯4位
平成12年:第25期棋聖戦リーグ入り
平成13年:第27期名人戦リーグ入り

平成9年:土川賞受賞

・初勝利
昭和51年4月28日
大手合佐野久仁子初段に白番中押し勝ち