井山の先番で始まる【第73期本因坊戦挑戦手合七番勝負第4局】

本因坊文裕(井山裕太九段)山下敬吾九段が挑戦する第73期本因坊戦挑戦手合七番勝負【主催: 毎日新聞社】第4局が6月12日(火)に大阪府吹田市の「ホテル阪急エキスポパーク」で始まった。

井山の先番で9時より対局が始まった。持ち時間は各8時間。1日目は、本日夕刻に封じ手による打ち掛けとなり、13日に2日目が打ち継がれる。また、11日には前夜祭が開かれ、両対局者が意気込みを語った。

両対局者コメント

山下九段「皆様こんばんは。こちらの吹田市に来させていただくのは3年ぶり2回目です。大阪は井山裕太さんのホームというかんじですけども、来るたびに温かく迎えていただいて本当にありがたいです。
目の前の囲碁ケーキを見たら、ありがたいのですけども、どうも白負けそうな局面なんですよね。明日から白番なんでちょっと心配ですけども(会場笑)
大和証券さんのお話にもありましたけども、7局目まで見たいとのことでしたので、井山さんには対局中にもその言葉を思い出していただいて、明日からは2勝2敗にしていただいて、改めて3番勝負になればと思います。
明日からは良い対局が見せられたらと思います」

本因坊文裕「私はここに来させていただくのは本因坊戦だけでも3回目です。毎年のように対局候補地の中に入れていただいているので、非常に自分にとってもですけども、囲碁界にとってお世話になっている場所だと思います。
こちらでは非常に結果も良いですし、自分としても良いイメージを持って来させていただける場所なので、今回もこちらで対局できることをうれしく思っています。
山下先生は手も読めますけども、空気も読める先生ですので、(会場笑) 内容はともかくとして、そのあたりのことはしっかり考えていただいてると思います。
明日からの対局ですが、あまり結果にこだわらずに戦って、皆様に喜んでいただけるような対局ができればと思いますので、よろしくお願いします」

文裕の右上隅星で第4局が始まった
前夜祭では囲碁ケーキが登場
立会
林海峯名誉天元
新聞解説
坂井秀至八段
記録
但馬慎吾六段鳥井裕太二段
現地大盤解説
解説・阪本寧生五段 聞き手・水戸夕香里三段

本因坊戦七番勝負は日本棋院ネット対局「幽玄の間」でライブ中継いたします。

第73期本因坊戦挑戦手合七番勝負特設ページはこちら

ネット対局「幽玄の間」では封じ手予想クイズを実施しています。 たくさんのご応募お待ちしております!