本因坊文裕が勝ち2勝1敗に【第73期本因坊戦挑戦手合七番勝負第3局】

本因坊文裕(井山裕太九段)山下敬吾九段が挑戦する第73期本因坊戦挑戦手合七番勝負【主催: 毎日新聞社】の第3局が6月2、3日(土、日)に秋田県能代市の「旧料亭金勇」で行われた。

結果は244手までで、井山が白番中押し勝ちをおさめ、シリーズ対戦成績を2勝1敗とした。終局は19時34分、持時間8時間のうち残り時間は両者ともに2分だった。

第4局は12、13日(火、水)に大阪府吹田市の「ホテル阪急エキスポパーク」で行われる。

両対局者のコメント

本因坊文裕「29にぶつかられた時はやれるのかなと打ってましたが、できあがった形は白も容易ではなくて形勢判断がよくできない中で打ってました。封じ手は非常に厳しい打ち方でこちらを頑張られると白も自信は無いと思ってました。左辺に打った手が遊んでいたかもしれないのですけれど、どう打てばいいのかわからなかった。黒に左上かかられて開かれた時は自信が無かった。実戦は中央黒に食いついていけるような展開になったので流れが来たかなと思いました。次もこれまでどおり気持ちを新たに臨みたい」

山下九段「実戦の進行に少し誤算があって、誤算があったなりに難しいかなと思っていましたが自信はありませんでした。判断ができていなかったので四隅と地で頑張ろうかなと思っていたのですがまずかったかもしれない。明確に良くなったところは無かったですし、しょうがないです。切り替えてまた思いっきりぶつかって行きたいと思います」

井山が勝利、2勝1敗に
大熱戦となった対局を振り返る
検討室の様子
三谷七段、木部二段による大盤解説会
対局が行われた「旧料亭金勇」

第73期本因坊戦第3局終局図

白:本因坊文裕 黒:山下敬吾九段

(幽玄の間解説:鈴木伸二七段

現地陣営

立会
二十四世本因坊秀芳
新聞解説
高尾紳路九段
記録
藤村洋輔三段横塚力三段
現地大盤解説
解説・三谷哲也七段 聞き手・木部夏生二段

本因坊戦七番勝負は日本棋院ネット対局「幽玄の間」でライブ中継いたします。

第73期本因坊戦挑戦手合七番勝負特設ページはこちら

ネット対局「幽玄の間」では封じ手予想クイズを実施します。 たくさんのご応募お待ちしております!