井山が連勝!! 【第42期碁聖戦挑戦手合五番勝負第2局】

 井山裕太碁聖山下敬吾九段が挑戦する第42期碁聖戦挑戦手合五番勝負【主催:新聞囲碁連盟】の第2局が7月19日に広島県廿日市市の「 宮島ホテルまこと」で行われた。

 第1局は井山碁聖が先勝。春から続く連勝街道をひた走る。山下はこれを止められるか、注目が集まる第2局は、18時14分終局、145手完、黒番中押し勝ちで井山が勝利。第1局に続いて連勝だ。持ち時間は各4時間、残り時間はともに2分だった。

 これで井山は、昨年名誉碁聖の資格を得た5連覇に続く6連覇へあと1勝。挑戦者の山下は崖っぷちに立たされた。

 注目の第3局は、7月25日(火)に熊本県熊本市の「 ホテル日航熊本 」で行われる。

 詳細は新聞囲碁連盟加盟紙の新聞観戦記をはじめ、月刊碁ワールド週刊碁の記事にてお楽しみください。


両対局者局後のコメント

 井山碁聖「(最初のワカレについて)決断したときは仕方がないのかと思って打っていたが、そんなに自信もないかもしれない。黒97に回って少し利き筋になっているので、その辺りではどちらかと言うと良さそうに思ったが、それまではよくわからなかった。(第3局に向けて)もう来週ですので、いい状態で臨める様頑張りたいと思います」

 山下九段「(左上について)攻めの具合をもう少しきびしくいけると思ったが、どう攻めてよいか分からなかった。(白98の切りについて)受けているようではダメだと思った(ので切った)。(第3局に向けて)第1局、第2局とまずい碁が続いているので、何とか少しいい碁が打ちたいと思います」


井山、連勝街道の視界良好。6連覇まで「マジック1」

局後、「まずい碁が続く...」と搾り出すように語る山下

終局後、解説会に姿を現した両雄。生の感想戦(?)をファンも堪能

解説会で解説を担当するのは平田智也七段(右)。聞き手が万波奈穂三段

解説会に多くのファンが訪れた。猛暑の中、盤上のアツさなら大歓迎!

碁聖戦挑戦手合五番勝負は、日本棋院ネット対局「幽玄の間」でライブ中継いたします。

第42期碁聖戦挑戦手合五番勝負第2局

黒:井山裕太碁聖 白:山下敬吾九段 黒番中押し勝ち

(幽玄の間解説:山本賢太郎五段


現地陣営

立会:中野寛也九段
記録:阪本寧生五段吉川一二段
現地大盤解説:平田智也七段
聞き手:万波奈穂三段

関連記事

井山VS.山下 宮城・松島で開幕【第42期碁聖戦挑戦手合五番勝負第1局】
井山が先勝!【第42期碁聖戦挑戦手合五番勝負第1局】
井山VS.山下 夏の宮島で第2局【第42期碁聖戦挑戦手合五番勝負第2局】