沿革

大正

日本棋院設立合同協議会メンバー
日本棋院設立合同協議会メンバー
1924(大正13)年 日本棋院創立
日本棋院機関紙『棋道』創刊
新手合割制定
1925(大正14)年 棋道姉妹紙『欄柯』創刊
1926(大正15)年 日本棋院会館開館(東京麹町区永田町)
院社(日本棋院・棋正社)対抗戦開始

昭和

秀哉名人と試験碁を打つ呉清源
秀哉名人と試験碁を打つ呉清源
1927(昭和2)年 日本棋院大手合・東西対抗第一回開始
『大手合週報』発刊
1928(昭和3)年 『欄柯』を『囲碁倶楽部』に改題
1929(昭和4)年 大手合東西制を廃止(春秋の定期手合開始)
1935(昭和10)年 初のラジオ囲碁対局を放送
1936(昭和11)年 第1回全日本アマ選手権戦開催
1937(昭和12)年 福田正義、プロ棋士として初の渡欧
1939(昭和14)年 第1期本因坊戦開始
本因坊秀哉名人引退碁 対木谷實
本因坊秀哉名人引退碁 対木谷實
1944(昭和19)年 4月『囲碁倶楽部』と『棋道』合併
11月『棋道』休刊
1945(昭和20)年 日本棋院戦火で焼失、目黒の岩本七段宅に移す
1946(昭和21)年 『棋道』復刊第1号発行(9月号)
1948(昭和23)年 日本棋院新会館、東京芝高輪に開館
1949(昭和24)年 「日本棋院囲碁規約」制定
1950(昭和25)年 日本棋院関西総本部を発足
1953(昭和28)年 津島寿一日本棋院総裁に、大倉喜七郎名誉総裁に推戴
第1回王座戦開始
第1期NHK杯争奪戦
1954(昭和29)年 第1期日本棋院選手権戦
『囲碁クラブ』復刊第1号発行(6月号)
日本棋院中央会館、丸の内に開館
高松宮賞東京新聞社杯争奪選手権戦
1955(昭和30)年 アマ本因坊戦創設
1956(昭和31)年 第1期最高位戦
第1期早碁名人戦
1957(昭和32)年 首相杯争奪高段者トーナメント創設
第1回欧州選手権戦
1958(昭和33)年 第1期日本最強決定戦
1959(昭和34)年 第1期日本棋院第1位決定戦
第1回女流アマ選手権戦開催
日本棋院『有段者名簿』発刊
1960(昭和35)年 日本代表団(瀬越団長)、訪中
第2期旧名人戦<br>坂田栄男(右)名人本因坊に就く
第2期旧名人戦
坂田栄男(右)名人本因坊に就く
1961(昭和36)年 第1期名人戦開始(読売新聞)
アマ十傑戦創設
第1回全日本都道府県対抗戦
『Monthly Go Review』創刊
1962(昭和37)年 NHKテレビ囲碁対局開始
プロ十傑戦開始
中国代表団(李夢華団長)来日
第2期旧名人戦 坂田栄男(右)名人本因坊に就く
第4期旧名人戦
林海峰(右)最年少名人に
1963(昭和38)年 第1回インターナショナル・ゴ・トーナメント開催(中央会館)
第1回女流アマ都市対抗戦
1965(昭和40)年 高校選手権戦創設
第1回東洋三国アマ対抗戦
1967(昭和42)年 津島寿一総裁没、後任は足立正
日本棋院関西総本部会館竣工(大阪市北区西天満)
1968(昭和43)年 第1回全国日本棋院支部対抗戦開催
第1期早碁選手権戦(東京12チャンネル)
第1回アマ・プロ十傑対抗戦開催
1969(昭和44)年 第1期新鋭トーナメント(東京12チャンネル)
第1回 日韓専門棋士交流対局
1970(昭和45)年 第1期全日本第1位決定戦
万国博 囲碁の祭典
日本棋院新会館、市ヶ谷に完成
日本棋院新会館、市ヶ谷に完成
1971(昭和46)年 日本棋院新会館、市ヶ谷に完成
1973(昭和48)年 日本棋院中部総本部会館竣工(名古屋市東区橦木町)
足立正総裁没、後任は佐藤喜一郎
月刊『碁』創刊 (現 囲碁未来)
1974(昭和49)年 佐藤喜一郎総裁没、後任は田實渉
1975(昭和50)年 第1期新人王戦
1976(昭和51)年 第1期棋聖戦開始
第1期名人戦開始(朝日新聞に移行後)
第1期碁聖戦開始
第1期天元戦開始
1977(昭和52)年 週刊『碁』創刊
1978(昭和53)年 鶴聖戦開始
囲碁親善使節団訪ソ
1979(昭和54)年 第1回世界アマチュア囲碁選手権戦開催
高校生代表訪中
第1期女流鶴聖戦
第1回全国少年少女大会開催
第1回全国少年少女大会開催
1980(昭和55)年 第1回全国少年少女大会開催
1982(昭和57)年 国際囲碁連盟発足
第1期女流本因坊戦開始
1983(昭和58)年 田實渉総裁退任、後任は稲山嘉寛
1988(昭和63)年 稲山嘉寛総裁退任
第1回世界囲碁選手権富士通杯開始

平成

日本棋院南米部囲碁会館開館
日本棋院南米部囲碁会館開館
1989(平成元)年 日本棋院南米部囲碁会館開館
「日本囲碁規約」を新たに制定
1990(平成2)年 「竜星戦」ケーブルテレビで衛星放送開始
1992(平成4)年 日本棋院ヨーロッパ囲碁文化センター開館
1993(平成5)年 朝田静夫総裁就任
1995(平成7)年 日本棋院米国西部囲碁センター開館
日本棋院ニューヨーク囲碁センター開館
1996(平成8)年 日本棋院ホームページ開設
日本棋院『情報会員』サービス開始
朝田総裁退任
1997(平成9)年 第1回任天堂子ども囲碁大会開催
1999(平成11)年 週刊少年ジャンプ『ヒカルの碁』、連載開始
『棋道』と『囲碁クラブ』合併、『月刊碁ワールド』創刊
2001(平成13)年 『ヒカルの碁』、テレビ東京系列にて放映開始
2002(平成14)年 第1回トヨタ&デンソー杯世界王座戦開始
携帯電話サイト『碁バイルセンター』サービス開始
コミ6目半に
2003(平成15)年 大手合廃止、新昇段制度制定
2004(平成16)年 日本棋院80周年記念式典
2004(平成16)年 創立80周年記念、囲碁殿堂資料館をオープン
第1回小中学生囲碁団体戦開催
ネット対局サービス『幽玄の間』開始
今井敬総裁就任
2005(平成17)年 日本棋院関西総本部、大阪梅田・阪急ファイブアネックスビルに移転
2006(平成18)年 岡部弘理事長就任
「囲碁少年少女育英資金」設立
第1回大和証券杯ネット囲碁オープン開始
2007(平成19)年 週刊碁創刊1500号
第1回大和証券杯ネット囲碁レディース開始
第1回大和証券杯ネット囲碁アマチュア選手権開始
2008(平成20)年 第1回大和証券杯ネット囲碁グランドチャンピオン戦開始
頭脳の祭典開催、第1回ワールドマインドスポーツゲームズが北京で開催
大竹英雄理事長就任
2009(平成21)年 生活文化普及支援事業「みんなで学ぶ楽しい囲碁入門教室」を全国で開催
2010(平成22)年 第16回アジア競技大会に囲碁種目(ペア碁、男女団体)が採用され、プロ棋士が参加
アジア大会壮行会
2011(平成23)年 公益財団法人に移行
第1回エステー&フマキラー 囲碁マスターズカップ開始
東日本大震災復興イベントを各地で開催開始。
支部復興支援「タケフ基金」創設
2012(平成24)年 和田紀夫理事長就任
インターネット棋戦「大和証券杯ネット囲碁オープン」が公式戦化
2013(平成25)年 日本棋院プロ棋士対コンピュータ囲碁の公式定期戦第1回「電聖戦」開催
囲碁ナショナルチームを創設
有楽町囲碁センター開館(有楽町・東京交通会館。旧八重洲囲碁センター)
90周年記念式典
2014(平成26)年 第1回囲碁電王戦開催
2013棋戦優勝者選手権開催
第1回グロービス杯世界囲碁U-20開催
第1回会津中央病院杯女流トーナメント戦開催
創立90周年
関西総本部移転(大阪市北区茶屋町19-19)、梅田囲碁サロン開館(大阪市北区角田町1番12号)
2015(平成27)年 扇興杯の開始
2016(平成28)年 團 宏明理事長就任