張栩九段が9期ぶりに名人挑戦【第43期名人戦挑戦者決定リーグ戦】

 7月19日、東京市ヶ谷の日本棋院東京本院では、第43期名人戦リーグ朝日新聞社主催)7月ラウンドの張栩九段黄翊祖八段河野臨九段芝野虎丸七段が行われた。挑戦者争いはここまで6勝0敗の張と、2敗で追う芝野に絞られていたが、結果は張が212手まで白番中押し勝ちをおさめ、リーグ成績7勝0敗で、8月の最終ラウンドを待たずに挑戦権を獲得した。張栩九段はこれまで名人を通算4期獲得。第34期以来、9期ぶりの名人戦挑戦手合出場となった。
 井山裕太名人張栩九段が挑戦する第43期名人戦挑戦手合七番勝負は8月28日(火)に東京都文京区の「ホテル椿山荘東京」で開幕する。


張ファンにしてみれば、待ち焦がれた七番勝負登場だ

張九段(左)は最終局を待たず挑戦者に名乗り上げた