羽根直樹、河野臨、芝野虎丸のプレーオフに【第74期本因坊戦リーグ最終一斉対局】

 本因坊文裕(井山裕太九段)への挑戦権をかけた第74期本因坊戦リーグ最終一斉対局が、4月5日に東京本院で行われた。5勝1敗の羽根直樹九段と、4勝2敗で追う河野臨九段一力遼八段芝野虎丸七段が挑戦権に絡んでいたが、羽根と一力が敗れ、河野と芝野が勝利。結果、羽根、河野、芝野の3人が5勝2敗で並び、挑戦者争いの行方はプレーオフにもつれ込んだ。 プレーオフの組合せはリーグ序列に基づき、第1戦は4月8日に序列5位の羽根と河野が対戦し、勝者が第2戦で4月10日に序列3位の芝野と対戦し、第2戦の勝者が挑戦者となる。


最終戦のカードは次の通り。※カッコ内は最終一斉対局(第7戦)を終えての勝敗。左側が第7戦の勝者。
山下敬吾九段(4勝3敗)-羽根直樹九段(5勝2敗)
芝野虎丸七段(5勝2敗)-黄 翊祖八段(1勝5敗)
河野 臨九段(5勝2敗)-一力 遼八段(4勝3敗)
余 正麒八段(4勝3敗)-安斎伸彰七段(7敗)