大熱戦の末、山下が先勝【第73期本因坊戦挑戦手合七番勝負第1局】

本因坊文裕(井山裕太九段)山下敬吾九段が挑戦する第73期本因坊戦挑戦手合七番勝負【主催: 毎日新聞社】の第1局が5月15、16日(火、水)に山口県萩市の「明倫学舎」で行われた。

結果は、256手までで山下が黒番半目勝ちをおさめシリーズ先勝となった。終局は20時21分、持ち時間8時間のうち残り時間は黒番の山下が1分、白番の井山が3分だった。

第2局は23、24日(木、金)に京都府京都市の「二条城」で行われる。

両対局者のコメント

本因坊文裕「連勝はいつか止まるとは思っていたし、そこは気にしなかった。次はもっといい内容の碁を打ちたい」

山下九段「封じ手のあと中央の打ち方がまずくて雰囲気が悪くなった。今日の碁は納得いかないところもあり、次はもう少し納得のいく碁を打ちたい」

大熱戦の末、山下が半目勝ち
井山の挑戦手合連勝は17でストップ。自身の持つ最多記録(18連勝)に一歩届かず
新聞解説の張栩九段も加わり、局後の検討
立会の山城宏九段、張九段らが控室で検討盤を囲む
山本賢太郎五段、榊原史子六段による大盤解説会

第73期本因坊戦第1局終局図

黒:山下敬吾九段 白:本因坊文裕

(幽玄の間解説:溝上知親九段

現地陣営

立会
山城宏九段
新聞解説
張栩九段
記録
伊藤優詩四段小山空也四段
現地大盤解説
解説・山本賢太郎五段 聞き手・榊原史子六段

本因坊戦七番勝負は日本棋院ネット対局「幽玄の間」でライブ中継いたします。

第73期本因坊戦挑戦手合七番勝負特設ページはこちら

ネット対局「幽玄の間」では封じ手予想クイズシリーズ勝敗予想クイズを実施します。 たくさんのご応募お待ちしております!