芝野敗れ、日本勢敗退【第6回グロービス杯世界囲碁U-20 2日目】

世界の若手No1を決める第6回グロービス杯世界囲碁U-20の2日目が4月20日に東京都千代田区のグロービス経営大学院で行われた。20日午前にはグループリーグの第3戦が行われ、陳梓健七段(中国)、丁浩五段(中国)、王沢錦六段(中国)、芝野虎丸七段が準々決勝進出を決めた。

20日午後には準々決勝が行われ、丁浩五段(中国)、申旻埈九段(韓国)、申真諝九段(韓国)、王沢錦六段(中国)が準決勝進出を決めた。日本勢で唯一準々決勝まで勝ちあがっていた芝野はここで敗退となった。結果の詳細はこちら

グロービス杯世界囲碁U-20はネット対局「幽玄の間」で中継いたします。

芝野(右)が敗れ日本勢は準決勝に残れず

日程

4月19日(金) 10時- グループリーグ第1戦
4月19日(金) 13時- グループリーグ第2戦
4月20日(土) 10時- グループリーグ第3戦
4月20日(土) 13時- 準々決勝
4月21日(日) 10時- 準決勝
4月21日(日) 13時- 決勝・3位決定戦

グループリーグでは、ダブルエリミネーション方式(3回戦のうち2勝した時点で枠抜け、2敗した時点で敗退)を採用している。