河野臨九段、芝野虎丸七段のプレーオフに!【第44期名人戦挑戦者決定リーグ最終戦一斉対局】

 張栩名人への挑戦権を争う第44期名人戦挑戦者決定リーグ【主催:朝日新聞社】の最終戦一斉対局が1日に行われた。前節まで、井山裕太棋聖(序列1位)、芝野虎丸七段(序列2位)、河野臨九段(序列4位)が5勝2敗で並んでおり、この3名に挑戦の可能性があった。
 結果は、井山裕太棋聖は羽根直樹九段に白番中押し負け、芝野虎丸七段は鈴木伸二七段に黒番中押し勝ち、河野臨九段は山下敬吾九段に白番3目半勝ちとなった。この結果、河野臨九段、芝野虎丸七段が6勝2敗で並び、プレーオフが行われることとなった。井山裕太棋聖、羽根直樹九段、山下敬吾九段、村川大介十段がリーグ残留。六浦雄太七段、鈴木伸二七段、孫喆七段がリーグ陥落となった。
 なお河野臨九段と芝野虎丸七段の名人戦挑戦者決定プレーオフは、8月8日に日本棋院東京本院で行われる。

名人リーグ最終戦結果 ※左側勝ち、△印は黒番

△羽根直樹九段  中押し  井山裕太棋聖
△芝野虎丸七段  中押し  鈴木伸二七段
 河野 臨九段  3目半 △山下敬吾九段
 村川大介十段  中押し  △孫  喆七段
※ 六浦雄太七段は手空き