井山裕太天元が防衛!七大タイトル獲得数「43」の新記録! 【第44期天元戦挑戦手合五番勝負第5局】

井山裕太天元山下敬吾九段が挑戦する第44期天元戦五番勝負(主催・新聞三社連合)第5局が12月19日に徳島県徳島市「徳島グランヴィリオホテル」で行われた。結果は188手までで白番の井山が中押し勝ちをおさめ、シリーズ対戦成績3勝2敗でタイトル防衛を決めた。終局時刻は17時29分。持時間3時間のうち残り時間は両者ともに1分だった。

井山は天元4連覇(通算7期)を達成。棋聖・本因坊・王座・十段とあわせて五冠を堅持した。また、七大タイトル(棋聖・名人・本因坊・王座・天元・碁聖・十段)獲得数は通算「43」となり、趙治勲名誉名人を抜いて単独1位となった。

井山が天元4連覇。七大タイトル獲得数43で単独1位に

趙治勲名誉名人のコメント

「寂しいの一言ですね。
僕の半分の歳にもなってないのに、追い越すとは...。
ばかやろう!といいたい。
ただ、さみしさの中にも少しだけ嬉しさもあります。
井山のようなすごいやつに、追い越されるのは、僕にとって大変名誉です。
かなわぬ夢かもしれませんが、死ぬまでに、一度、井山と番碁が打ちたいです。」

石井邦生九段(井山裕太天元の師匠)のコメント

「井山君おめでとうございます。尊敬する趙治勲先生の大記録を9年間29才の若さで塗り替えるという快挙を君が成し遂げたことは大変幸せなことであり、誉でもあります。私も大変感動しております。今後とも精進を怠らず『打ちたい手を打つ』、井山流の囲碁哲学を実践継続し新境地を切り開き囲碁ファンの皆様を魅了して下さい。」