青木が勝ち勝負は最終局へ!【第28期女流名人戦挑戦手合三番勝負第2局】

謝依旻女流名人青木喜久代八段が挑戦する第28期女流名人戦挑戦手合三番勝負(主催:産経新聞社)の第2局が3月9日、大阪府東大阪市の「大阪商業大学」で行われた。

結果は青木が209手まで黒番中押し勝ちをおさめ、シリーズ対戦成績を1勝1敗とした。
終局は16時59分、持時間3時間のうち残り時間は黒番の青木が8分、白番の謝が2分だった。
第3局は16日(水)に東京・市ヶ谷の「日本棋院本院」で行われる。

第28期女流名人戦三番勝負はネット対局「幽玄の間」でライブ中継いたします。

両対局者のコメント

青木八段「下辺コウが決着したあたりで優勢になったと思った。
最終局を打てるので思い切りやるだけです」

謝女流名人「上辺打ち込んだ石を逃げ出して苦しくした。
最終局はいい碁になるよう、一生懸命打ちたい」

青木が最終局へ持ち込む
謝(右)にとっては不本意な碁だったか

【第28期女流名人戦挑戦手合第2局】

黒:青木喜久代八段 白:謝依旻女流名人 黒番中押し勝ち


幽玄の間解説:高梨聖健八段