朴延桓九段(韓国)が優勝で2連覇!井山裕太九段は準優勝【ワールド碁チャンピオンシップ2018決勝】

ワールド碁チャンピオンシップ2018【主催:日本棋院、協賛:株式会社NTTドコモ三井住友カード株式会社阪急電鉄株式会社株式会社囲碁将棋チャンネル、特別協力:日本経済新聞社、協力:日本航空株式会社株式会社ドワンゴ】の決勝が、3月19日(月)に東京都千代田区の「日本棋院東京本院」で行われた。

結果は韓国の朴廷桓九段が128手までで白番中押し勝ちをおさめ優勝を決めた。終局は16時1分、持時間3時間のうち残り時間は黒番の井山が2分、白番の朴が37分だった。

朴九段は昨年に続いての優勝で2連覇を達成。井山九段は2013年のテレビアジア杯以来自身2回目となる世界戦優勝を狙ったがならなかった。

両対局者のコメント

井山九段「序盤で思わしくない展開で、苦しい流れが続いた。もう少し、見せ場を作りたかった」

朴九段「参加できるだけでも嬉しいと思っていた。優勝できて本当に嬉しい」

19日 決勝の結果(左側が勝ち、△は先番)

朴廷桓九段(韓国) 中押し △井山裕太九段

韓国の朴(右)が井山を下し優勝
井山(右)の優勝はならなかった
注目の一戦とあって、報道陣であふれ返る
終局後、大盤解説会に両対局者が登場
韓国の朴廷桓九段の優勝、2連覇となった

「ワールド碁チャンピオンシップ2018」特設サイトはこちら

「ワールド碁チャンピオンシップ2018」は、日本棋院ネット対局「幽玄の間」、YouTube「日本棋院囲碁チャンネル」でライブ中継いたしました。(解説:19日 河野臨九段

また、囲碁・将棋チャンネル囲碁プレミアムニコニコ生放送でライブ中継されました。詳細はこちら

17日から19日の3日間、日本棋院2階ホールで大盤解説会を開催いたしました。

関連記事