女流世界一は誰か? 組み合わせが決定【SENKO CUP ワールド碁女流最強戦2018前夜祭】

世界の頂点を争う新たな女流世界戦「SENKO CUP ワールド碁女流最強戦2018」(主催:日本棋院、特別協賛:センコーグループホールディングス株式会社 協賛:旭化成株式会社積水ハウス株式会社積水化学工業株式会社 後援:日本経済新聞社株式会社囲碁将棋チャンネル 協力:日本航空株式会社)が3月14日(水)から16日(金)まで東京都千代田区の「日本棋院東京本院」で行われる。

それに先立ち、13日に前夜祭と抽選会がホテルニューオータニ「翠鳳の間」で開催された。

主催者を代表して日本棋院の團宏明理事長が挨拶を行った後、協賛社を代表してセンコーグループホールディングス株式会社の福田泰久代表取締役社長が「男性のワールド碁チャンピオンシップがあるのなら、女性もこのような大会を作ろうと思った」と語った後、出場棋士ひとりひとりを紹介して激励した。

抽選は、囲碁の大会らしく扇子を使って行われた。3月14日の1回戦の組合せは、次のとおりとなった。

14日(水)1回戦の組み合わせ

藤沢里菜三段 - ナタリア・コヴァレヴァ アマ五段(欧州)
牛栄子二段 - 黒嘉嘉七段(中華台北)
謝依旻六段 - 於之瑩六段(中国)
向井千瑛五段 - 崔精九段(韓国)

扇子に書かれた文字で対戦相手が決定
協賛のセンコーグループホールディングス株式会社の福田社長に、サプライズで出場棋士全員がサインした碁盤が贈られた
藤沢里菜三段(左)「日本での世界戦は初めて。悔いのない自分らしい碁を打ちたい」
ナタリア・コヴァレヴァ アマ五段「日本棋院での対局に感謝。藤沢三段を尊敬していて戦えるのを楽しみにしています」
牛栄子二段(右)「素晴らしい棋戦をつくっていただき、感謝の気持ちでいっぱい。この機会を大切にして頑張りたい」
黒嘉嘉七段「明日から頑張りたいと思いますので、よろしくお願いします」
謝依旻六段(右)「会場で美味しいおでんを食べて落ち着きました(笑)。自分の力を発揮できるよう楽しみながら頑張りたい」
於之瑩六段「いい対局をしたいと思います」
向井千瑛五段(右)「昨年11月の対戦では悔いの残る負けとなった。明日は自分の力をすべて出し切りたい」
崔精九段「強い相手と対戦できることを楽しみにしています」
出場棋士全員で記念写真。明日からの熱戦に期待

SENKO CUP ワールド碁女流最強戦2018特設サイトはこちら

SENKO CUP ワールド碁女流最強戦2018は日本棋院ネット対局「幽玄の間」、YouTube「日本棋院囲碁チャンネル」でライブ中継いたします。(解説:14日 首藤瞬七段孫喆六段、15日 平田智也七段、16日 内田修平七段

16日の決勝戦を日本棋院東京本院で大盤解説会を実施いたします。詳細はこちら

また、囲碁プレミアムでは16日決勝戦の模様が生中継されます。

関連記事