芝野虎丸名人敗れる【中国甲級リーグ】


 8月29日(土)14時から中国・甲級リーグで芝野虎丸名人(日照山海大象チーム)が陳耀燁九段(拉薩城投チーム)と対戦し159手までで白番中押し負けを喫した。
 新型コロナの影響のため芝野はインターネット対局となり、日本棋院で対局した。
 甲級リーグの次回開催は12月の予定。

 この対局は「日本棋院囲碁チャンネル映像ライブ配信、 日本棋院ネット対局「幽玄の間」棋譜ライブ中継いたしました。
 詳細について毎週月曜日発売の「週刊碁」、毎月20日発売の月刊誌「碁ワールド」等にてお楽しみください。
手のひらをかざして検温
見慣れた光景となった国際戦のネット対局
猫丸? いただきものだそうです
対戦相手の陳耀燁九段

概要

チーム名
日照山海大象チーム(監督:曺大元九段)
選手
芝野虎丸名人、范廷鈺九段、江維傑九段、周睿羊九段、伊凌涛八段、崔灿五段
対局方式
芝野名人の対局のみ日本棋院東京本院においてネット対局(非公式扱)
対局規定
中国ルール
持ち時間
各2時間1分の秒読み5回もしくは各1時間30秒の秒読み3回
対局日
8月29日(土)、9月1日(火)
開始時刻
持ち時間2時間の場合、日本時間12時から
持ち時間1時間の場合、日本時間14時から

この件に関する問い合わせ

公益財団法人日本棋院棋戦企画部
TEL:03-3288-8609