LG杯統合予選が開幕(4/2)

第23回LG杯朝鮮日報棋王戦(主催・朝鮮日報社、主管・韓国棋院、協賛・LG)の統合予選が4月2日から開幕する。

日本からは、日本棋院23名、関西棋院7名の計30名が参加し、16名の本戦出場枠を目指す。2日に1回戦、3、4日に2回戦、5日に準々決勝、6日に準決勝、7日に決勝が行われる。

日本棋院、関西棋院からの統合予選参加棋士と、各国の本戦シード選手については以下の通り。

日本棋院所属

小松英樹九段中野寛也九段仲邑信也九段秋山次郎九段張豊猷八段久保秀夫七段首藤瞬七段志田達哉七段平田智也七段六浦雄太七段武宮陽光六段沼舘沙輝哉六段鶴田和志五段藤沢里菜三段吉川一三段小松大樹三段大西研也三段横塚力三段広瀬優一二段大竹優二段上野愛咲美二段関航太郎初段長徳徹志初段

関西棋院所属

村川大介八段佐田篤史三段西健伸二段辻篤仁初段田中康湧初段大川拓也初段岩田紗絵加初段

本戦シード

前期シード
謝爾豪九段(中国)、井山裕太九段
日本
伊田篤史八段一力遼八段芝野虎丸七段
韓国
李世乭九段、元晟秦九段、姜東潤九段、金志錫九段、朴廷桓九段、申真諝八段
中国
柯潔九段、檀嘯九段、辜梓豪九段
中華台北
陳祈睿五段