井山が防衛!6連覇達成!【第42期棋聖戦挑戦手合七番勝負第4局】

井山裕太棋聖一力遼八段が挑戦する第42期棋聖戦挑戦手合七番勝負【主催:読売新聞社】の第4局が2月15、16日(木、金)に岩手県大船渡市の「大船渡市民文化会館」に行われた。

結果は177手まで黒番の井山が中押し勝ちをおさめ、シリーズ対戦成績4勝0敗でタイトル防衛を決めた。終局は18時26分、持時間8時間のうち残り時間は黒番の井山が10分、白番の一力が8分だった。

井山棋聖は6連覇を達成。名人・本因坊・王座・天元・碁聖・十段とあわせて七冠を堅持した。

両対局者のコメント

井山棋聖「封じ手の辺りでちょっとよく分からなかったが、その前が無理気味でやりすぎているのかもしれない。ハネ(14の七)からもっていったが、トバれてそんなにうまくいっている感じもしないので、その辺はあまり自信がなかった。
(六連覇を決めた感想は?)1つ1つの積み重ねでここまで来れたことは非常にうれしいというか、よくできたなというところもあるが、内容的には非常にきびしい戦いでしたので、運がよかったと思います」

一力八段「この碁に関しては、封じ手の辺りは少し悪いかなと思っていた。難しい場面もあったが、(左下では)実戦よりいい図があったと思う。2局目以降はあまりいいところがなかった。
(井山七冠に3棋戦連続で挑戦して)苦しい碁が多かったが何局か勝てる碁もあったので、そこを勝ちきれないようでは、ちょっと勝負にならなかった感じです」

対局の詳細については読売新聞の報道と観戦記、週刊碁月刊碁ワールドの記事にてお楽しみください。

井山が4連勝で棋聖防衛、6連覇達成。七冠を堅持した
一力は初の棋聖戦挑戦だったが、タイトル獲得はならなかった
対局を終えインタビューに応じる
宮崎龍太郎七段(右)、木部夏生二段(左)による大盤解説会が行われた。
立会の趙治勲名誉名人も登場、会場を沸かせる
終局後、記者会見が行われた

第42期棋聖戦第4局終局図

黒:井山裕太棋聖 白:一力遼八段

(幽玄の間解説:大垣雄作九段

現地陣営

立会
趙治勲名誉名人
新聞解説
本木克弥八段
記録
横塚力三段外柳是聞二段
現地大盤解説
解説・宮崎龍太郎七段 聞き手・木部夏生二段

特設サイト、関連リンク

棋聖戦七番勝負は日本棋院ネット対局「幽玄の間」でライブ中継いたしました。
また、囲碁・将棋チャンネル(対局2日目の朝と夕方)、囲碁プレミアムニコニコ生放送でも生中継いたしました。
第42期棋聖戦挑戦手合七番勝負特設ページはこちら
ネット対局「幽玄の間」では、勝敗予想クイズ封じ手予想クイズを実施いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

関連記事