大激戦を制し、井山が先勝【第42期棋聖戦挑戦手合七番勝負第1局】

井山裕太棋聖一力遼八段が挑戦する第42期棋聖戦挑戦手合七番勝負【主催:読売新聞社】の第1局が1月18、19日(木、金)に東京都文京区の「ホテル椿山荘東京」で行われた。

結果は240手まで白番の井山が中押し勝ちをおさめシリーズ先勝となった。終局は19時47分、持時間8時間のうち残り時間は黒番の一力が1分、白番の井山が2分だった。

第2局は25、26日(木、金)に青森県八戸市の「八戸パークホテル」で行われる。

詳細は、主催の読売新聞紙上の報道と観戦記、週刊碁月刊碁ワールドにてお楽しみ下さい。

両対局者のコメント

一力八段「ずっと難しい展開だったと思っていました。中央はなにが正しかったのかわからなかったのですが、ちょっと残るかなと思って中央を妥協して(5子を)捨てていったのですが、細かいところでミスが出たのが結果的に致命傷になった。2局目はすぐなので切り替えて臨みたい」

井山棋聖「最初から最後まで難しい碁とは思っていました。中央打っているときは正しく打たれたらダメなんだろうと思っていたんですけれども、実戦は左上の黒に少し食いつけるような形になって、はっきり計算できていませんがだいぶ得したと思ってました。あまり(余計な事は)考えずに盤上に集中したい」

終始難しい戦いが続いた熱戦を制し、井山が先勝
一力は追い詰めるも一歩届かず

第42期棋聖戦第1局終局図

黒:一力遼八段 白:井山裕太棋聖

(幽玄の間解説:金秀俊八段

現地陣営

立会
大竹英雄名誉碁聖
新聞解説
蘇耀国九段
記録
大西研也三段大表拓都二段
現地大盤解説
解説・林漢傑七段田尻悠人四段
聞き手・桑原陽子六段

特設サイト、関連リンク

棋聖戦七番勝負は日本棋院ネット対局「幽玄の間」でライブ中継いたします。
また、囲碁・将棋チャンネル(対局2日目の朝と夕方)、囲碁プレミアムニコニコ生放送でも生中継いたします。
第42期棋聖戦挑戦手合七番勝負特設ページはこちら
ネット対局「幽玄の間」では封じ手予想クイズシリーズ勝敗予想クイズを実施します。 たくさんのご応募お待ちしております!

関連記事