統合予選スタート【2018三星火災杯ワールド囲碁マスターズ】

 7月2日から7日にかけて、韓国ソウル市の韓国棋院で、「2018年三星火災杯ワールド囲碁マスターズ」の統合予選がスタートする。
 日本棋院からは一般枠14名、シニア枠6名、女子枠6名の計26名が、また関西棋院からは一般枠9名が参戦する。
 なお日本の本戦シード選手は、井山裕太九段芝野虎丸七段となっている。
 出場選手は以下の通り。

日本棋院(26名)

一般(14名)
秋山次郎九段伊田篤史八段一力遼八段本木克弥八段志田達哉七段六浦雄太七段沼舘沙輝哉六段安達利昌五段小松大樹三段横塚力三段大西竜平三段広瀬優一二段坂井嵩司初段長徳徹志初段
シニア(6名)
後藤俊午九段大矢浩一九段小松英樹九段石田篤司九段中根直行九段柳時熏九段
女子(6名)
謝依旻六段藤沢里菜四段奥田あや三段星合志保二段上野愛咲美二段茂呂有紗初段

関西棋院(9名)

一般(9名)
村川大介八段呉柏毅四段佐田篤史三段佐藤優太二段原正和二段内海晃希二段西健伸二段辻篤仁二段今分太郎初段