井山の先番で始まる【ワールド碁チャンピオンシップ2018決勝】

ワールド碁チャンピオンシップ2018【主催:日本棋院、協賛:株式会社NTTドコモ三井住友カード株式会社阪急電鉄株式会社株式会社囲碁将棋チャンネル、特別協力:日本経済新聞社、協力:日本航空株式会社株式会社ドワンゴ】の決勝が、3月19日(月)10時30分に東京都千代田区の「日本棋院東京本院」で始まった。

決勝に進出したのは、井山裕太九段と前回の優勝者、韓国の朴廷桓九段。どちらが世界最強の座を手にするのか注目の一戦。持ち時間は各3時間、残り5分から秒読み。昼食休憩なしで行われ、本日午後に終局の見込み。

19日 決勝の組み合わせ(△は先番)

井山裕太九段 - 朴廷桓九段(韓国)

井山(左)の初手は右上隅小目
決勝戦が始まった

「ワールド碁チャンピオンシップ2018」特設サイトはこちら
大会の模様を随時更新しています。ぜひ、ご覧ください。

「ワールド碁チャンピオンシップ2018」は、日本棋院ネット対局「幽玄の間」、YouTube「日本棋院囲碁チャンネル」でライブ中継いたします。(解説:19日 河野臨九段

また、囲碁・将棋チャンネル囲碁プレミアムニコニコ生放送でライブ中継されます。詳細はこちら

17日から19日の3日間、日本棋院2階ホールで大盤解説会を開催いたします。詳細はこちら

関連記事