小林光一名誉棋聖が通算1400勝を達成【第44期棋聖戦ファーストトーナメント予選】

 12月6日、日本棋院東京本院で行われた第44期棋聖戦ファーストトーナメント予選で、小林光一名誉棋聖が、吉原由香里六段を169手まで黒番中押し勝ちを収め、通算1400勝を達成した。
 1400勝達成棋士は、趙治勲名誉名人(2012年9月27日)、林海峰名誉天元(2015年8月6日)に続いて3人目。


史上3人目の1400勝を達成した小林名誉棋聖(左)

略歴

小林光一(こばやしこういち)名誉棋聖・名誉名人・名誉碁聖
昭和27年(1952年)9月10日生。66歳。北海道旭川市出身。昭和40年故木谷實九段に入門。
門下に大矢浩一九段河野臨九段酒井真樹八段金澤秀男八段大木啓司七段桑原陽子六段穂坂繭三段小林泉美六段は実娘。
昭和42年入段、54年九段。日本棋院東京本院所属。
昭和47年:第4回新鋭トーナメント優勝。☆初タイトル
昭和59年:第22期十段戦で加藤正夫十段を3-2で破り初の十段位
昭和60年:第10期名人戦で趙治勲名人を4-3で破り初の名人位
昭和61年:第10期棋聖戦で趙治勲棋聖を4-2で破り棋聖奪取
同61年:棋聖・名人・十段・天元の4冠となる
平成2年:棋聖5連覇で名誉棋聖の資格を得る☆以降8連覇
平成4年:碁聖5連覇で名誉碁聖の資格を得る☆以降6連覇
同4年:名人5連覇で名誉名人の資格を得る☆以降7連覇
平成9年:第10回世界選手権富士通杯優勝☆初の世界一
平成28年:第6回マスターズカップ優勝
通算タイトル獲得数 60 ☆史上3位
昭和60年:北海道栄誉賞受賞。旭川市民栄誉賞受賞。
平成2年:囲碁界史上初の年間賞金1億円突破
平成5年:都民文化栄誉賞受賞
平成18年~19年 : 日本棋院副理事長
平成24年:60歳となり名誉棋聖・名誉名人・名誉碁聖を名乗る
平成30年:紫綬褒章受章