広瀬、1次リーグ突破するも予選敗退【2017利民杯世界囲碁星鋭最強戦第2ラウンド】

 2017利民杯世界囲碁星鋭最強戦予選の第2ラウンドが8月16日から21日まで中国の杭州棋院で行われた。

 参加資格は1997年(平成9年)1月1日以降生まれの棋士。日本からの参加棋士は日本棋院と関西棋院の若手9名。小池芳弘二段西健伸二段渡辺貢規二段広瀬優一初段大竹優初段芝野龍之介初段関航太郎初段牛栄子初段茂呂有紗初段だ。

 本大会は、本戦へ勝ち抜けしていなければ第1ラウンドで敗退しても再度チャレンジできるのが特徴。小池二段、西二段、広瀬初段、牛初段の3名は第1ラウンドに引き続いての出場だ。

 結果は、広瀬初段が唯一、一次リーグを勝ち抜き、ベスト32から本戦(8名枠)への勝ち抜けを決める二次トーナメント戦に挑んだが、この1回戦で中国の楊楷文五段に敗れ、ここで日本勢は惜しくも敗退となった。

 本戦は10月13日(金)から杭州棋院で開催の予定。

関連記事