【東京】第11回朝日アマ名人戦全国大会 観戦と決勝大盤解説会のご案内

第11回朝日アマ名人戦全国大会 観戦と決勝大盤解説会のご案内

 全国の強豪たち東京で熱い戦いを繰り広げる第11回朝日アマチュア名人戦全国大会(主催:朝日新聞社 、日本棋院)が7月2日(土)と3日(日)、日本棋院本院で開かれます。
 第10期アマ名人の大表拓都さんがプロ入段したためアマ名人が空位となっています。今年も三番勝負を経ずに全国大会優勝者がその場で第11期アマ名人に就位します。全対局が観戦できるほか、3日午後の決勝は淡路 修三九段桑原 陽子六段による大盤解説会も楽しめます。いずれも入場無料です。
 出場予定は都道府県選出の49人(東京、北海道は各2人)と招待7人の計56選手。組み合わせは大会数日前に朝日新聞紙上で発表します。対局は持ち時間各40分(使い切ると1手30秒の秒読み)。審判長は上村陽生九段
 また、3日に行われる準決勝、決勝、3位決定戦は日本棋院ネット対局「幽玄の間」で中継します。

全国大会日程

日程
7月2日(土) 開会式、1回戦から3回戦
7月3日(日) 準々決勝、準決勝、決勝戦・3位決定戦
( 両日とも午前9時から、観戦は所定の位置からになります )

決勝戦大盤解説会

日時
3日午後2時開場、2時半開始予定
会場
日本棋院本院 2階大ホール
解説者
淡路修三九段
聞き手
桑原陽子六段
入場料
無料