高尾が68手目を封じる【第42期名人戦挑戦手合七番勝負第5局】

高尾紳路名人井山裕太六冠が挑戦する第42期名人戦挑戦手合七番勝負(主催・朝日新聞社)の第5局が10月16日(月)9時に静岡県熱海市「あたみ石亭」で始まった。持ち時間は各8時間。

1日目は、高尾が68手目を封じて、打ち掛けとなった。封じ手時刻は17時30分。1日目の消費時間は黒番の井山が4時間0分、白番の高尾が3時間30分。17日(火)9時から2日目が打ち継がれる。

第4局まで井山が3勝1敗とし、シリーズ制覇、2度目の七冠独占まであと1つとして迎えた注目の第5局。井山がこのまま決めるか、高尾がカド番をしのぐか――。対局の詳細については朝日新聞の報道と観戦記、週刊碁月刊碁ワールドの記事にてお楽しみください。

高尾(中央)が立会の二十四世本因坊秀芳に封じ手を渡す

第42期名人戦七番勝負第5局 1日目打ち掛け

黒:井山裕太六冠 白:高尾紳路名人


(幽玄の間解説:金秀俊八段

現地陣営

立会
二十四世本因坊秀芳
新聞解説
秋山次郎九段
記録
風間隼三段小池芳弘二段

特設サイト、関連リンク

朝日新聞デジタルでは「囲碁名人戦七番勝負タイムライン」で対局の様子を報道しています。
日本棋院ネット対局「幽玄の間」でライブ中継いたします。
また、ニコニコ生放送でも生中継いたします。
第42期名人戦挑戦手合七番勝負特設ページはこちら
ネット対局「幽玄の間」では封じ手予想クイズを実施します。 たくさんのご応募お待ちしております!

関連記事