大熱戦を井山が制し、2勝1敗に【第42期名人戦挑戦手合七番勝負第3局】

高尾紳路名人井山裕太六冠が挑戦する第42期名人戦挑戦手合七番勝負(主催:朝日新聞社)の第3局が9月21、22日(木、金)に香川県高松市「喜代美山荘 花樹海」で行われた。

結果は241手まで黒番の井山が中押し勝ちをおさめ、シリーズ対戦成績を2勝1敗とした。終局は17時41分、持時間8時間のうち残り時間は黒番の井山が10分、白番の高尾が45分だった。

第4局は10月2、3日(月、火)に石川県小松市「旅亭懐石のとや」で行われる。

対局の詳細については朝日新聞の報道と観戦記、週刊碁月刊碁ワールドの記事にてお楽しみください。

終局後の両対局者のコメント

井山挑戦者「下辺のコウに勝って抜いたところ(黒215)で勝てそうに思った。
(星1つリードしたが)まだまだ先は長い。内容的には、マズイ手はあるものの精一杯打てているので、次も続けていきたい」

高尾名人高尾名人「そんなに後悔する手はなかったが、ここに打った手(白146)がひどかった。 (ビハインドだが)この碁も含めて精一杯打てているので、あまり気にせず自分の碁を打っていきたい」

最初から難解な戦いが続いた大熱戦を井山が制して一歩リード
この碁を含め精一杯打てているという高尾
新聞解説の張栩九段(中央)も加わり、検討では様々な図が並べられる
多くの囲碁ファンが詰めかけた大盤解説会。坂井秀至八段、吉田美香八段による解説を楽しむ

第42期名人戦七番勝負第3局総譜

黒:井山裕太挑戦者 白:高尾紳路名人


(幽玄の間解説:溝上知親九段

現地陣営

立会
坂口隆三九段
新聞解説
張栩九段
現地大盤解説
解説 : 坂井秀至八段、聞き手 : 吉田美香八段
記録
吉川一三段鳥井裕太初段

特設サイト、関連リンク

朝日新聞デジタルでは「囲碁名人戦七番勝負タイムライン」で対局の様子を報道しています。
日本棋院ネット対局「幽玄の間」でライブ中継いたします。
また、ニコニコ生放送でも生中継いたします。
第42期名人戦挑戦手合七番勝負特設ページはこちら
ネット対局「幽玄の間」では封じ手予想クイズを実施します。 たくさんのご応募お待ちしております!

関連記事