武宮 正樹(タケミヤ マサキ / Takemiya Masaki)

武宮 正樹
性別
棋士段位 九段
出身地 東京都
所属 日本棋院東京本院
タイトル数 24
著書

「打碁鑑賞シリーズ5『武宮正樹』」(日本棋院)

著書一覧

プロフィール

昭和26年1月1日生。東京都出身。田中三七一七段に師事。40年木谷實九段に入門。
同年入段、41年二段、42年三段、43年四段、44年五段、45年六段、47年七段、50年八段、52年九段。
大手合第1部優勝2回、第2部優勝1回。
石田芳夫加藤正夫と木谷門三羽烏の一人。「宇宙流」と呼ばれる棋風で異色の存在。
武宮陽光五段は実子。門下に松原大成六段
日本棋院東京本院所属

棋戦主要履歴

昭和43年
第5期プロ十傑戦で8位入賞
昭和44年
第6期プロ十傑戦で5位入賞
☆「十傑戦ボーイ」と呼ばれる
昭和46年
第27期本因坊リーグ初参加
第15期首相杯優勝。☆初タイトル
昭和51年
第31期本因坊戦で石田芳夫本因坊を4-1で破りタイトル奪取
☆本因坊秀樹と号す
昭和55年
第35期本因坊戦で加藤正夫本因坊を4-1で破り本因坊復位
昭和57年
第1期NECカップ優勝
昭和60年
第40期本因坊戦で林海峯本因坊を4-1で破りタイトル奪取
★3度目の本因坊就位となる
昭和61年
第41期本因坊戦で山城 宏九段を4-1で破り防衛。
昭和62年
第42期本因坊戦で山城 宏九段を4-0で破り防衛。
昭和63年
第43期本因坊戦で大竹英雄九段を4-3で破り防衛
★4連覇(通算6期)
第1回世界選手権富士通杯優勝
☆囲碁の国際化により創設された初の世界大会を制す
平成元年
第36回NHK杯優勝
第2回世界選手権富士通杯優勝。☆2連覇
第1回テレビアジア杯優勝
平成2年
第28期十段戦で趙治勲十段を3-2で破り初の十段獲得
第2回テレビアジア杯優勝
平成3年
第29期十段戦で趙 治勲九段を3-2で破り防衛
第13期鶴聖戦優勝
第3回テレビアジア杯優勝
平成4年
第30期十段戦で小林光一棋聖を3-1で破り3連覇
第4回テレビアジア杯優勝・4連覇
平成7年
第20期名人戦で小林光一名人を4-1で破り初の名人位
平成14年
第40期十段戦挑戦者
平成18年
第32期天元戦挑戦者決定戦進出
平成21年
第56回NHK杯準優勝
第65期本因坊リーグ入り。☆16期ぶり本因坊リーグ復帰

受賞歴

囲碁関連受賞履歴

秀哉賞受賞1回。棋道賞受賞計12回。

昭和60年
ジャーナリストクラブ賞
平成元年
テレビ囲碁番組制作者会賞受賞
平成7年
棋道賞優秀棋士賞
平成17年
棋道賞連勝記録賞(16連勝)
平成18年
通算1000勝達成

著書一覧

「打碁鑑賞シリーズ5『武宮正樹』」(日本棋院)
「攻めの力が劇的に強くなる4つの法則」(マイナビ)
「一生懸命 ふまじめ~囲碁トッププロの生き方~」(マイナビ)
「アマが理解できない4つの常識」(マイナビ)
「アマが気づかない4つの錯覚」(マイナビ)
「アマが強くなれない4つの理由」(マイナビ)
「宇宙流序盤構想」(木本書店)
「進化する三連星」(河出書房新社)
「宇宙流の極意」(NHK出版)他多数