高尾が79手目を封じる【第42期名人戦挑戦手合七番勝負第4局】

 高尾紳路名人井山裕太六冠が挑戦する第42期名人戦挑戦手合七番勝負(主催・朝日新聞社)の第4局が10月2日(月)9時に石川県小松市「旅亭懐石のとや」で始まった。高尾の先番。持ち時間は各8時間。
 1日目は、17時30分に高尾が封じ手をして、打ち掛けになった。1日目の消費時間は黒が4時間5分、白が3時間25分。3日(火)の朝9時からに2日目が打ち継がれる。

 第3局まで井山の2勝1敗。井山がシリーズ制覇に〝リーチ〟をかけるか、高尾が踏ん張り並ぶか――。注目の対局の詳細については朝日新聞の報道と観戦記、週刊碁月刊碁ワールドの記事にてお楽しみください。


封じ手は高尾(右)。立会の羽根泰正九段へ封じ手用紙を手渡す

控室にて立会の羽根九段と新聞解説の伊田八段が検討。いくつもの図が出ては消えていく

指導碁風景その1。下島陽平八段が優しく3面打ち。棋譜を採りながら打つファンの姿も

指導碁風景その2。金賢貞四段(右)も2面打ちで指導

第42期名人戦七番勝負第4局 1日目打ち掛け

黒:高尾紳路名人 白:井山裕太六冠


(幽玄の間解説:三谷哲也七段

現地陣営

立会
羽根泰正九段
新聞解説
伊田篤史八段
現地大盤解説
解説 : 下島陽平八段、聞き手 : 金賢貞四段
記録
熊本秀生三段伊藤健良二段

特設サイト、関連リンク

朝日新聞デジタルでは「囲碁名人戦七番勝負タイムライン」で対局の様子を報道しています。
日本棋院ネット対局「幽玄の間」でライブ中継いたします。
また、ニコニコ生放送でも生中継いたします。
第42期名人戦挑戦手合七番勝負特設ページはこちら
ネット対局「幽玄の間」では封じ手予想クイズを実施します。 たくさんのご応募お待ちしております!

関連記事