囲碁の歴史

初代本因坊算砂と御城碁の始まり ( 近世の碁 )

初代本因坊算砂

 安土桃山時代(1573-1603)から江戸時代(1603-1867)は、大名、大商人が中心として活躍した時代です。
 1578年、織田信長は上洛したとき、囲碁の名手として聞こえていた若き日蓮宗僧侶の日海(にっかい)を引見し、その碁を観て信長は日海を「名人(めいじん)」とたたえたという逸話がありますが、後の創作という説があります。

 日海は後の本因坊算砂(ほんいんぼうさんさ)(1559-1623)です。
 日海(=幼名を加納與三郎という)は1559年に生まれ、8歳で京都寂光寺の門に入りました。また合わせて囲碁を習います。囲碁の師は堺の仙也。

 日海は寺の塔頭(たっちゅう)「本因坊(ほんいんぼう)」でくらしていたので、後に本因坊算砂とその名でよばれるようになります。

本因坊算砂 ( ほんいんぼう さんさ )
( 京都・寂光寺 )

信長、秀吉、家康の碁好きに仕える

 日海は信長、秀吉、家康に囲碁をもって仕えました。
 信長、秀吉、家康ともに日海に五子の手合だったといわれています。

 1582年、日海は本能寺の変の前夜、信長の御前で日蓮宗僧侶の利玄と対局したと伝えられています。
 ところが、めずらしい囲碁の形(=三コウ)ができ、無勝負となったということです。
 三コウを不吉の前兆とするのはこの話からです。
(※江戸時代になって伝えられた話で史実とは異なるとする説が今日では有力となっています)

 豊臣秀吉は本能寺で信長を攻めた明智光秀を討ち、1585年、関白となり治安の回復を待って日海をよびよせます。1585年、1588年に、秀吉が今でいう全国大会を催し御前試合を行い、日海がどちらも優勝しました。

 1587年、日海は駿河に入り徳川家康と碁を連日連夜打った記録があります。
 1588年、秀吉は日海に碁の役職(=官賜碁所)を与えました。

御城碁

 1603年、徳川家康が征夷大将軍となったとき、日海がお祝いに参上して、家康と五子で対局をしています。
 後に家康の指示で日海は寂光寺を弟の日栄に譲り、隠居して「本因坊算砂」と名のり「名人碁所(めいじんごどころ)」に任ぜられました。
 1612年、幕府は本因坊算砂らに俸禄を与え、プロの棋士が誕生がしました。

 そして、1626年には御城碁(おしろご)がはじまります。
 それ以来、囲碁は日本の国技として発展していくことになります。
 御城碁は毎年1回江戸城で打たれ、徳川吉宗の時代には(=1716年から)家康の命日にちなんで、毎年11月17日と対局日も決められました。
 1861年までに全部で530局ほど対局されました。

 碁所の仕事は天覧碁の組織、将軍の指南、免状の発行、全国棋士の統一などで、名人でなければ碁所にはなれませんでした。やがて本因坊につづいて、井上、安井、林の家元四家(いえもとよんけ)で碁所を争うようになります。

 碁打衆を保護し、「御城碁」の基盤を築き近世囲碁の発展、振興に絶大な貢献をした徳川家康の存在は非常に大きかったと言えます。

家元四家

 四家の家元制が確立し碁界が組織的に安定してくると、碁所をめぐって勢力争いが起こりました。
 三代将軍家光のとき、碁所をめぐって話し合いがつかなくなり、幕府の命によって囲碁で決着をつけること(=争碁(そうご))になりました。
 幕府は二世本因坊算悦(さんえつ)と二世安井算知(さんち)の二人に二十番の争碁(そうご)を命じたのです。

 1645年の御城碁を第1局として、その後9年間にわたって六番まで争いましたが、お互いに黒番を勝ち、引分けます。死闘の戦いもここまでとし、碁所は一時預かりとなります。
 その後、算悦は48歳で病死したため、算知は1668年、碁所に任ぜられました。
 これを不服としたのが算悦の跡目である本因坊道悦(どうえつ)でした。
 道悦は将軍の意に反して争碁を申込み、負けたら遠島も覚悟の上で打ちました。
 1676年、道悦が12勝4敗4ジゴで勝ち、算知は引退しますが、道悦も公儀で決めた碁所に異議を申し立てた責任をとり、自分の跡目を道策(どうさく)にゆずって引退します。

囲碁の黄金期 ( 江戸時代後期 )

 1800年代に入ると、囲碁界は黄金期を迎えます。
 江戸時代(1603-1867)の後期には商業経済の発達によって新しい町人階級から豪商(=ブルジョア)が生まれ、農業でも豪農がでてきます。豪商・豪農はしばしば中央の碁打ちを招待したり、地方在住の碁打ちを優遇しました。そのため碁打ちはよく、全国を旅回りしました。

 文化文政時代には十一世本因坊元丈(げんじょう)、八世安井仙知(せんち)、十二世本因坊丈和(じょうわ)、十一世井上因碩(いんせき)、十一世林元美(げんび)等が、また天保・弘化・嘉永時代には、本因坊秀和(しゅうわ)、本因坊秀策(しゅうさく)があり、その他天保四傑と呼ばれる伊藤松和(しょうわ)、安井算知(さんち)、太田雄蔵(ゆうぞう)、坂口仙得(せんとく)らがとりまき、まさに黄金時代となります。

十一世本因坊元丈と八世安井仙知

 十一世本因坊元丈(げんじょう)(1775年生)と八世安井仙知(やすいせんち)(幼少名は知得)(1776年生)は良きライバル同士で、年も近く少年時代からの大親友でもありました。
 この二人はともに全力をあげて戦い、碁所になってもおかしくはない実力をもっていながら、譲り合って二人とも碁所にならなかった話が残っています。
 元丈も仙知も、碁一筋で盤上以外での争いごとを嫌った清廉な人柄でした。

因徹吐血の局

 その後、丈和(じょうわ)・因碩(いんせき)の代になると一変して、碁所をねらって盤上以外での策略を双方が行い、スキャンダルをひきおこすことになります。
 1831年、十二世本因坊丈和(ほんいんぼうじょうわ)が名人碁所となりますが、1835年老中松平周防守(まつだいらすおうのかみ)碁会で丈和と赤星因徹(あかぼしいんてつ)の対局を因碩(いんせき)が企てます。

 因徹は因碩の弟子です。
 もし因徹が勝って丈和が負けることになれば、名人の資格はないものと引退させることを考えていたようです。
 壮絶な戦いの末、因碩の思惑ははずれて丈和が中押しで勝ってしまいます。
 胸の病を患っていた因徹は対局に敗れ、直後吐血して亡くなるという悲劇的な結末でした。
 これが有名な因徹吐血の局です。

 1839年、丈和もわずか在位8年で幕府から引退を命じられてしまいます。
 丈和が引退したあと1840年、因碩は自ら秀和(しゅうわ)との争碁にのぞみますが、三連敗し、因碩は碁所を断念します。

本因坊秀策

 1837年、10歳の秀策(しゅうさく)は丈和の門に入ります。
 秀策の抜き出た碁の才能に師の丈和は「150年以来の棋豪である」といって、とても喜んだそうです。
 本因坊秀策(ほんいんぼうしゅうさく)は、道策とともに「碁聖」とたたえられています。

本因坊秀策 ( 1829-1862 )

 1846年、因碩と秀策の対局で形勢の良かった碁を秀策の打った妙手で形勢が一変し、動揺した因碩の耳が赤くなりました。
 この碁は結局秀策の3目勝ちとなります。
 これが有名な「耳赤の妙手(みみあかのみょうしゅ)」といわれています。

 右図 : 1846年 秀策-因碩 127手目が「耳赤の妙手」と言われる一手

秀策流

 1848年、秀策は秀和の跡目となり、1861年御城碁が中止されるまでの13年間、19局全勝の大記録をつくりました。
 秀策があみだした布石法は後に「秀策流(しゅうさくりゅう)」といわれ、明治後半から大正時代にかけてコミなし碁の先手必勝法として、大いに研究され現在にまで伝わっています。
 1862年、秀策は流行したコレラのため、残念なことに34歳の若さで病死してしまいます。

歴代名人と家元四家