財団法人日本棋院のサイトは、多くの方に利用していただけるよう、アクセシビリティに配慮した制作を行っております。
アクセシビリティの実装方法としてスタイルシートを使用しており、現在ご覧のブラウザはスタイルシート非対応のブラウザのため、表示結果が異なっております。情報自体は問題なく取得いただけます。

藤沢 秀行
名誉棋聖
氏名/Name 藤沢 秀行 Fujisawa Hideyuki
ヨミ フジサワ ヒデユキ  
性別/Sex Male
段位/Dan 九段 9 dan
生年月日/Birthdate 大正14年6月14日 1925/6/14
出身地/Hometown 神奈川県横浜市 Yokohama City/Kanagawa Pref./JAPAN
所属/Affiliation 日本棋院東京本院 Nihonkiin Tokyo
タイトル数/Title Won 23

プロフィール
大正14年6月14日生 神奈川県横浜市出身。本名「保」。昭和9年院生。
昭和15年入段、17年二段、18年三段、21年四段、23年五段、25年六段、27年七段、34年八段、38年九段。平成10年引退。
藤澤一就八段は実子。門下に高尾紳路九段森田道博九段 三村智保九段倉橋正行九段金沢真二段藤沢里菜初段
日本棋院東京本院所属

平成2年 : 銀座で「書」の個展を開催

平成21年5月8日逝去

棋戦主要履歴
昭和23年
第1期青年棋士選手権優勝
昭和32年
第1期首相杯争奪戦優勝
昭和34年
第1期日本棋院第一位決定戦優勝
昭和35年
第5期最高位獲得
昭和37年
旧名人戦名人位決定リーグで優勝 ☆第1期名人就位
昭和40年
第2期プロ十傑戦優勝
昭和41年
第10期囲碁選手権戦優勝
昭和42年
第15期王座戦で橋本昌二九段を2-0で破り優勝
昭和43年
第16期王座戦で坂田栄男九段を2-0で破り防衛。
第5期プロ十傑戦優勝
昭和44年
第17期王座戦で大竹英雄八段を2-0で破り防衛で3連覇。
第16期NHK杯優勝
第1期早碁選手権優勝
昭和45年
第9期旧名人戦で林海峯名人を4-2で破りタイトル奪取
昭和50年
第1期天元戦決勝五番勝負で大平修三九段を3-1で破り第1期天元就位
昭和52年
第1期棋聖戦決勝七番勝負で橋本宇太郎九段を4-1で降し第1期棋聖就位
★第1期・第1回の棋戦で6棋戦優勝
昭和53年
第2期棋聖戦挑戦手合七番勝負で加藤正夫本因坊の挑戦を4-3で退けタイトル防衛
昭和54年
第3期棋聖戦挑戦手合七番勝負で石田芳夫王座を4-1で破り3連覇
昭和55年
第4期棋聖戦挑戦手合七番勝負で林海峯九段を4-1で退け4連覇
昭和56年
第5期棋聖戦で大竹英雄十段を4-0で退け5連覇達成
☆名誉棋聖の資格を得る
第28期NHK杯優勝
昭和57年
第6期棋聖戦で林海峯九段を4-3で退け棋聖6連覇
平成3年
第39期王座戦で羽根泰正王座を3-1で破る
☆七大タイトルの史上最高齢獲得記録(当時66歳)
平成4年
第40期王座戦で小林光一棋聖を3-2で退けタイトル防衛
☆七大タイトル史上最高齢獲得記録更新(当時67歳)

通算1509局 852勝649敗8持碁

囲碁関連受賞履歴
昭和43年
棋道賞最多勝利賞・連勝記録賞(26勝12敗・11連勝)
昭和44年
棋道賞最多勝利賞(34勝13敗)
昭和53年
第16回秀哉賞(第1期棋聖獲得により)

昭和59年
ジャーナリストクラブ賞
昭和63年
棋道賞特別賞(若手育成、応氏杯準決勝進出により)
平成2年
テレビ囲碁番組制作者会賞受賞
平成3年
大倉喜七郎賞受賞、棋道賞優秀棋士賞(王座獲得により)
平成4年
棋道賞優秀棋士賞(王座防衛により)
平成18年
中日囲碁交流功労賞

その他受賞履歴
昭和62年
紫綬褒章受章
平成9年
勲三等旭日中綬章受章

著書
  • 「藤沢秀行全集」(日本棋院)
  • 「基本手筋事典 上・下」(日本棋院)
  • 「秀行流 戦いの心得 上・下」(日本棋院)
  • 「秀行 この一手 上巻・下巻」(誠文堂新光社)
  • 「藤沢秀行の碁の急所この一手」(NHK出版)
  • 他多数