芝野新人王!優勝!【第42期新人王戦決勝三番勝負第2局】

 10月2日(月)、日本棋院東京本院で第42期新人王戦決勝三番勝負(主催:しんぶん赤旗)第2局が行われた。顔合わせは、芝野虎丸七段VS.孫喆五段。第1局は芝野が制しての第2局である。芝野の先番で10時から始まった。
 難解な勝負の行方は、15時52分、221手完、黒番の芝野が中押し勝ちをおさめ三番勝負を連勝で優勝を決めた。
 持ち時間各3時間のところ、残り時間は黒58分、白5分だった。

 詳細はしんぶん赤旗の記事と観戦記、週刊碁の記事にてお楽しみください。

両対局者、終局後のコメント

優勝の芝野七段
――今のお気持ちを。
「今回が新人王戦に出場出来る最後のチャンス(出場資格は六段以下)だったので嬉しいです」
――優勝はいかがですか?
「んー...............。目標ではありました」
――1、2局目はそれぞれどんな碁でしたか?
「1局目はハッキリ負けの場面がありましたが、2局目は検討してみたらそんなに悪くなかったみたいです」
――今後の目標を教えてください。
「日本の棋戦で活躍出来るように頑張ります。最終的には世界で戦いたい」
――17歳になってからの1年間はいかがでしたか?
「竜星戦と新人王戦で優勝、リーグ入りも出来てすごく嬉しいです」
――点数をつけるとしたら?
「予想よりはすごく多く勝てていますけど、まずい碁も多く...。90点くらいです」
――最後に。今日の勝利の味は?
「(味は)特にはしないです(笑)」
孫五段「(感想をお願いします)第3局までいけなかったのが......。(来期もまだ出場権があるが)イチから出直します」


連勝で決めた!芝野新人王だ!


「第3局を打ちたかった」とコメントを搾り出した孫


静かに感想戦を続ける芝野(左)と孫。室内の緊張感はなかなかほぐれない


局後、別室での優勝インタビュー。やっと緊張がほぐれた?

第42期新人王戦決勝三番勝負第2局

黒:芝野虎丸七段 白:孫喆五段 黒中押し勝ち

(「幽玄の間」手順中継のみ)

決勝三番勝負 対局結果

――△印は先番。左側が勝者。
第1局
 9月18日(月) 東京・日本棋院
 芝野虎丸七段 中 押 △孫  喆五段
第2局 10月2日(月) 東京・日本棋院
△芝野虎丸七段 中 押  孫  喆五段

新人王戦決勝三番勝負は日本棋院ネット対局「幽玄の間」で中継いたしました。

関連記事