決勝三番勝負は芝野虎丸VS.孫喆【第42期新人王戦準決勝】

芝野 虎丸七段
VS.
孫  喆五段

 8月3日と7日に日本棋院東京本院にて第42期新人王戦(主催・しんぶん赤旗)の準決勝が行われた。3日は芝野虎丸七段藤沢里菜女流本因坊戦、7日は孫喆五段西健伸二段戦だ。
 それぞれ勝ち上がったのは、芝野と孫。この二人で決勝三番勝負を争うことになった。

 芝野はつい先日テレビ棋戦の優勝により規定で七段へ昇段したばかり。〝竜虎〟のたとえで引き合いに出される昨年の覇者である大西竜平二段に続くことができるか。

 孫は若手棋戦にとどまらず各棋戦で本戦入りする活躍を見せている。

 どんな戦いになるのか楽しみな決勝三番勝負は9月に行われる予定。

 詳細は、主催紙の「しんぶん赤旗」の記事や観戦記、週刊碁月刊碁ワールドにてご覧ください。



3日の対局。芝野(左)VS.藤沢。激闘は芝野に凱歌。藤沢「完敗でした」


局後、インタビューを受ける芝野と藤沢


7日の対局。孫(右)が決勝三番勝負へ進出を決めた


関西棋院の西(右)、決勝進出を目前に半目勝負をモノにできなかった