芝野が決めるか孫喆が踏ん張るか【第42期新人王戦決勝三番勝負第2局】

 10月2日(月)、日本棋院東京本院で第42期新人王戦決勝三番勝負(主催:しんぶん赤旗)第2局が開始した。顔合わせは、芝野虎丸七段VS.孫喆五段。第1局は芝野が制しての第2局である。芝野の先番。
 芝野が一気に決めるか、孫が踏ん張り決定局を第3局へ持ち越すか。
 ぜひご注目ください。

 詳細はしんぶん赤旗の記事と観戦記、週刊碁の記事にてお楽しみください。


第2局の開始の〝ゴング〟の初手が静かに放たれた。左が芝野、右が孫

第42期新人王戦決勝三番勝負第2局 午前中途中まで

黒:芝野虎丸七段 白:孫喆五段

(「幽玄の間」手順中継のみ)

決勝三番勝負 結果と予定

――△印は先番。左側が勝者。
第1局
 9月18日(月) 東京・日本棋院
 芝野虎丸七段 中 押 △孫  喆五段
第2局 10月2日(月) 東京・日本棋院
第3局 10月9日(月) 東京・日本棋院

新人王戦決勝三番勝負は日本棋院ネット対局「幽玄の間」で中継いたします。

関連記事