謝依旻奪還!【第36期女流本因坊戦挑戦手合五番勝負第5局】

 藤沢里菜女流本因坊謝依旻女流棋聖の挑戦を受ける第36期女流本因坊戦挑戦手合五番勝負(主催・共同通信社、協賛・JA共済連共栄火災囲碁将棋チャンネル)の第5局が11月29日(水)、日本棋院東京本院「特別対局室」で行われた。

 第4局まで黒番が勝つ一進一退の好勝負が続く本シリーズ。最終局でどんな戦いが繰り広げられるのか注目が集まった。持ち時間は各4時間で5分前から秒読み。
 熱戦の結果は、19時59分終局、307手まで、謝が黒番8目半勝ちをおさめた。好勝負が続いた五番勝負は、謝が3勝2敗でタイトル奪還を果たした。残り時間はともに1分だった。
 謝は6連覇を含む通算8期目の女流本因坊位。2度の返り咲きは楠光子七段(第2期、第4期、第6期から第7期)のみの快挙だ。

 詳細は、主催の共同通信社配信の新聞社の報道と観戦記(掲載紙は
こちら)、協賛の囲碁将棋チャンネルの「囲碁プレミアム」の動画ライブ中継、週刊碁月刊碁ワールドの記事にてお楽しみください。

両対局者のコメント

謝挑戦者「序盤から難しい碁で、ミスもあって、ノゾかれた(白120)ときにはダメかと思っていた。左辺でコウに出来てチャンスが来たと思ったが、計算ができてなくて、コウを解消をしたときにようやく残るかな、と感じました。反省点が多い最終局で、シリーズも苦しかった。(今年の締め括りになるが)今年はタイトル戦で負けてばかりいたので、このシリーズは勝ちたかった。勝てて運が良かったです」
藤沢女流本因坊「最終局は、弱い石を両方シノいで、碁にできたかと思っていたが、全局的には大して良くなってなく、本当に苦しかった。(本シリーズを振り返って)ずっと苦しい碁ばかりで、ミスも含めて実力だと思うので、また出直します」


局後、囲碁プレミアムのインタビューにて

「ずっと苦しかった」と藤沢

対局の熱も冷めるまもなくインタビュー。記者の質問に応える二人

第36期女流本因坊戦五番勝負・第5局

白:藤沢里菜女流本因坊 黒:謝依旻女流棋聖 黒番8目半勝ち

(「幽玄の間」解説、釼持丈八段

第36期女流本因坊戦五番勝負はネット対局「幽玄の間」でライブ中継いたしました。

現地陣営

立会
秋山次郎九段
記録
大西研也三段金子真季初段

関連記事