第2局始まる【第36期女流本因坊戦挑戦手合五番勝負第2局】

第36期女流本因坊戦挑戦手合五番勝負(主催・共同通信社、日本棋院、協賛・JA共済連共栄火災囲碁将棋チャンネル)の第2局が10月23日(月)9時に鳥取県三朝町の「依山楼岩崎」にて始まった。

第1局は激闘の末に謝依旻女流棋聖藤沢里菜女流本因坊を下し一歩リードした。第2局ではどのような戦いが見られるのか。持ち時間は各4時間で5分前から秒読み。女流タイトル5つのうち4つを保持する藤沢と、女流本因坊6連覇(計7期)の謝。この二人がどんな戦いが繰り広げられるのか。ぜひご注目ください。

詳細は、主催の共同通信社配信の新聞社の報道と観戦記(掲載紙はこちら)、協賛の囲碁将棋チャンネルの「囲碁プレミアム」の動画ライブ中継、週刊碁月刊碁ワールドの記事にてお楽しみください。

前夜祭のコメント

謝女流棋聖「ここは3回目となりますが、毎回素晴らしい場所で対局でき感謝しています。大自然に囲まれていて、温泉やおいしいものもあり本当に大好きなところ。過去2回ここでは連敗しているので、さらに好きになれるように、明日一生懸命がんばりたい」

藤沢女流本因坊「名探偵コナンがすごく好きで、今年もくることができて、とても嬉しく思う。今日は天気が悪く散策はできないが、温泉につかって、明日精一杯がんばりたい。謝女流棋聖と3期連続で厳しい戦いになると思うが、自分の力を出し切れればいいと思います」

藤沢の右上隅星から第2局が始まった
ロシアからの囲碁交流団が対局開始の様子を見学
前夜祭で地元の中学生から両対局者に花束が贈られる
ロシアからの囲碁交流団と
同行棋士の紹介。左から万波三段、円田常務理事、石田九段、桑本七段、山本五段、吉川三段、小松二段

第36期女流本因坊戦五番勝負はネット対局「幽玄の間」でライブ中継いたします。

現地陣営

立会
石田篤司九段
記録
吉川一三段小松大樹二段
大盤解説会(倉吉)
山本賢太郎五段万波奈穂三段
大盤解説会(三朝)
桑本晋平七段

関連記事